FC2ブログ
読者が勃起する事を目指し、官能小説を書いております。

18 第3章 欲望と快楽 7



  ベッドルームに入ったとたん、俺は、目を剥いて息を呑んだ。
 全面張りでは無いが、四方そして天井に、大きな鏡が設置されていた。カエルの様な格好で俺にしがみつく理沙の姿が、そして赤黒い肉棒が深々と突き刺さってる様子が、その鏡に鮮明に写っている。
「いゃあん、凄いエッチ・・・あぁん、恥ずかしい・・・」
 甘い声を出しながら、理沙が身体をくねらせる。肉棒がコネクリまわされ、やたらと気持ち良い。
 快感と興奮で鼻息を噴き出し、必死の思いで彼女をベッドに横たわらせた。
 このままがむしゃらに腰を動かしたかったが、理沙がそれを制した。
「ダメ!あっちゃん、ゴム着けて・・・ゴムしてくれなきゃ絶対に嫌!」
 真顔で言われては致し方ない。名残惜しそうに彼女から「ヌチャツ・・・」と、音を立てて男根を引き抜いた。
 枕元に用意されたスキンを掴むと、焦る思い満々で引き裂くと、ギンギンに燃え盛る肉棒に大慌てで装着させた。
 見届けた理沙は、ニンマリと意味深な笑みを浮かべながら、お尻を向けてその上に股がった。
 彼女の挿入口に、待ってましたとばかりに、肉棒がズッポリと突き刺さる。
 後ろ向きの騎乗位スタイル。俺はこの体位が大好きだ。どこまでも白く肉厚のお尻に、収縮するお尻の穴までガン見出来る。
 気持ち良さそうな吐息を吐きながら、理沙が上下に腰を動かす。白いお○んこ汁がベッチョリとこびりついた肉棒が、糸を引いて出入りするのがハッキリと見える。
 そして、正面の鏡には、恍惚とした表情を浮かべる理沙の顔と、極上の美巨乳が激しく揺れ動いているのが鮮明に写っている。
 まるで極上のAV を見ているようだった。
 理沙が、器用に挿入したまま身体を反転させる。正面を向いた彼女が喘ぎ声を上げながら俺の身体に覆い被さる。
 猛烈に濃厚なキス。口の周りが唾液でビチョビチョに濡れるのもお構いなしに、舌と舌を絡め合い、夢中になって舐め回す。
 とてつもない欲情が溢れ、蕩けるような夢心地の気分だった。
 理沙が身体を起こし、猛烈な勢いで腰を振りだした。
「はぁあ!気持ち良い!・・・あうん!あっちゃん!」
 目の前で、乳房が揺れ動く。目を剥いてその眺めを堪能しながら、快感に酔いしれる。
 暴れるプルンプルンの乳房を鷲掴みして、指で両乳首を挟み、欲情するに任せ、好き勝手に揉みしだいた。極上の柔乳の感触が堪らない。
 快楽を求め、彼女の腰が淫らに動きまわる。
 ひとしきり腰を振った理沙が、俺の上に覆い被さってきた。俺は御返しとばかりに、彼女の身体を抱き締め、下からズコズコと腰を突き上げた。フンフン!フンフン!鼻息を噴きながら、腰を突いて突いて突きまわす。
 「はあっ!あっちゃん!・・・良い!凄く良い!」
  喘ぎ声を上げ、気持ち良さそうに身体を震わせる。
 気持ち好さと歓び。欲情するに任せ、好き勝手に腰を突き上げ続けた。
 理沙が息を弾ませ、うっとりした表情で身体を起こす。彼女の体重が掛かり窮屈になっても、快楽への欲望が納まらず、腰が突き上げる。
 震動で揺れる乳房。堪らない。上半身を起こし、両手を着いて身体を支えると、魅惑の揺れる乳房に顔を埋めた。
 この上無い最高の感触。顔をグリグリと押し付け、その感触を貪る。汗ばんだ肉が顔に密着するその感触に酔いしれる。
 後ろ手に支えていた両腕で彼女の身体を抱き締め、乳首に吸い付いた。
 気持ち良さそうに吐息を漏らし、仰け反る理沙。
「はぁん!あっちゃん、もう上になって・・・」
 その身体を抱え、肉棒が抜けないようにしながら、彼女を仰向けに横たわらせた。
 彼女の両脚に腕を差し入れ、大きく股を開かせると、両乳房を鷲掴みした。
 猛烈にエッチで卑猥な格好。燃え盛る欲望のまま突いて突いて突きまくる。
「あぅっ!あっちゃん!・・・凄い!あっちゃんの凄いのが!・・・はうっ!凄いのが!入ってる!」
 望み通りに女体を貪る征服欲を満たし、この極上の身体を独り占めしている独占欲が満たされ、男の歓びに浸りきる。
(たまんねぇ・・・すげぇ・・・凄い気持ち良い!・・・たまんねぇ!)
 息を弾ませ、彼女の脚から腕を抜くと、今度はその両脚を閉じ、胸に抱え込むと、凄まじい勢いで腰を動かした。尻の肉が下腹にぶつかり、パン!パン!パン!パン!大きな音を立てる。
 弾みで暴れる様に揺れ動く柔乳房。堪らない欲情。堪らない快感。堪らない興奮。頭は思考を停止し、この快楽に没頭する事だけに夢中だった。
 いよいよイキそうになる感覚が股間に込み上げてきた。
 彼女の脚を開き、身体に覆い被さった。そして彼女の頭を抱え込む様に抱き締めると、無我夢中でベロチューを繰り返す。
 (たまんねぇ!・・・たまんねぇ!・・・スゲエ!スゲエ!スゲエ!・・・)
 快楽を求めるまま、歓喜の瞬間に向け、がむしゃらに腰が動く。
「あっちゃん!・・・はぁっ!凄い・・・あっ!あっ!あっ!・・・あっちゃん!凄く良い!・・・」
「あぁぁっ!理沙!・・・イクっ!・・・イキそうだ!・・・」
「あっちゃん!・・・あたしも、あたしもイクっ!・・・」
 再び至極の歓喜が訪れた。
「あかっ!理沙!・・・イクイク!・・・イクっ!!!」
 快感が弾け飛び、ビクンビクンと腰が震えた。全力疾走した後の様に息が上がり、心地好い気だるさが全身を包んでいく。
 幸せだった。幸せで幸せで堪らなかった。まさに人生の絶頂がここに有った。





次のページへ続く
スポンサーサイト
[PR]

[ 2019/08/30 00:09 ]  第3章 欲望と快楽 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

AngelPussy

Author:AngelPussy
 男が勃起する事を目指して官能小説を書いております。

訪問者数
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
Hey動画見放題プランで観ています
私ことこのサイトの管理人は、このHey動画月額見放題プランで、無修正動画を見放題しております。
管理人がお勧めする訳 
その1
作品本数は20,000本以上
 私が好きなのはAV女優系の若くて可愛い娘の作品。AV女優系は、無修正動画の王道を行く王者「カビリアンコム」に「一本道」、「HEYZO」と、これ以上望めない一流サイトの作品が見放題なのだから、言う事無し。  試し見してみたい人妻熟女や素人も、超一流サイトの本格作品が見放題で試し見出来るのも最高。期待しないで掘り出し物を見つけると、新鮮でやたらと興奮できるのが堪らない。
管理人がお勧めする訳 
その2
スマホ、タブレット対応 ストリーミング再生
 ストリーミング再生だから、すぐに観られてダウンロード要らず。パソコンは勿論、スマホでも、タブレットでも観れるから、トイレでもベッドでも車でも、いつでもどこでも24時間、好きな時間にどこでも無修正動画が見放題。
管理人がお勧めする訳 
その3
低価格で見放題
 価格は月々14.99$~。レートにもよるけれど、大体1600円~1700円くらい。VIP作品も全て観られるプレミアム会員でも月々19.99$は2100円ちょっと。この低価格で24時間、いつでもどこでも無修正動画が見放題だから大満足。
だから私は、このHey動画月額見放題プランで無修正動画を楽しんでおります。
サイト入り口はこちら
管理人によるサイトの詳細分析はこちら
スマホの方はこちら
10円動画
10円動画 素人
大人の玩具
アダルト写真集雑誌
美少女ノベル官能小説
アダルトPCゲーム
アダルトコミック
同人誌ダウンロード
アダルトブログランキング