FC2ブログ
読者が勃起する事を目指し、官能小説を書いております。

26 第6章 漲る性欲 3

  少し早めの昼食になった。さっきまであれ程機嫌の悪かった奈美は、亜希と楽しそうに喋りながら、ケラケラと陽気に笑っている。
  夕食は、奈美と二人なので、宅配ピザで済ませる事に決め、奈美が怖がると困るから、入浴は明るいうちに済ませる段取りをつけた。
  昼食後、瑠依は少し仮眠を取るため、自室へ退いた。
  亜希は、この前浴場に購入したマットを使ってゆっくり日焼けしたいからと、露天風呂に向かった。
  日光浴にはまだまだ早いが、お風呂で温まってするなら、むしろ最適な時期かもしれない。
  リビングに奈美と二人になった。彼女が映画を観たいと言いだした。ポップコーンを食べながら、プロジェクターの大画面で、ゆっくり観賞する事にした。
  奈美は俺の隣に引っ付く様に座り、ポップコーンを頬張りだした。
  ファンタジー物の洋画で、あまり興味が無かったが、観ているうちに引き込まれ、俺の方が夢中になっていた。
  映画が終わり、その余韻に浸りながら、奈美と感想を語り合っていた時、亜希の声が聞こえてきた。
「光ちゃん出たよ~!入っちゃえば~!」
  時計を見ると、もうすぐ4時になる。
  俺は奈美に、「お風呂はいっちゃうね」と言って立ち上がった。
  奈美は、ニコニコ微笑んで、コクリと頷いた。
  脱衣所に向かい、「亜希ちゃん!……亜希ちゃ~ん!……」と呼び掛けたが、返事は無かった。
  もう部屋に行ったんだろうと思い、脱衣所に入った。
  今夜の、セックスによる精液大噴火は諦めた。落胆のため息を吐きながら、服を脱ぎ始めた。
  シャツを脱ぎ、パンツ一丁になった時、突然脱衣所の扉が開いた。
  驚いて身体がびくついた。
  扉から、Tシャツにホットパンツ姿の亜希が、中に入り込み、「ガチャリ」と、脱衣所の鍵を閉めた。
  思わず「亜希ちゃん」と声を出すと、彼女は笑いながら、人差し指を口にあて、その口をすぼめた。
  驚いて固まる俺の足元に膝まずくと、亜希は、いきなりパンツの上から股間を触り始めた。
「あっ、亜希ちゃん……」
  思わず声を出すと、亜希が、また人差し指を口にあてがう。
  パンツの上からとは言え、揉みくちゃにされた股間は、あっという間にそそり立ち、熱を放って唸り出した。
  亜希は囁く様な声で「もうこんなになっちゃって……したいんでしょう、光ちゃん……」と言うと、パンツのゴムに手を掛けた。
「亜希ちゃん、まずいって……見つかったら大変だから……」
  あたふたとしながら、瑠依や奈美が来ないかと、気がきでは無かった。
  亜希は、俺の心配などお構いなく、「ズリッ」とパンツを引きずり下ろす。
  勢い良く反り返った男根は、背筋をピーンと延ばし、力いっぱい起立して剥き出しになった。
「光ちゃん、凄い事になっちゃってるよ……したいんでしょう……」
  亜希は、下から俺を見上げ、ニヤリと笑みを浮かべる。
  もちろん、したいし、されたいし、入れたいし、出したい。ムラムラ悶々して、どうしようも無いくらいしたい。
  とは言え、どうしても扉の向こうが気掛かりで仕方ない。
  俺は腰を引き気味にしながら、「そんな……」と、口では言うが、正直者の男根は、狂喜乱舞して、「ビクンッ!ビクンッ!ビクンッ!」と跳ね返っていた。
  亜希は、「ほら、この子こんなに喜んでるじゃない……ドクン、ドクンってなってるよ……」と言いながら、男根に頬を擦り寄せた。
「こんなになっちゃってるのに、嫌なの光ちゃん?したくないの?」
  彼女の手が、陰嚢袋を撫で回しながら、いよいよ舌で男根を舐め始めた。
  疼いて痺れる様な快感が走り抜ける。
  俺は、歯を食いしばって、声が出るのを必死に堪えた。
  ベロンベロン、レロレロと、彼女の舌がいやらしく動き、肉棒を這いずり回る。
  突き上げてくる快感に、腰から力が抜け、ガクガクと震える。
  亜希がTシャツをたくし上げると、彼女はノーブラだった。豊満な乳房が剥き出しになる。
  懸命に歯を食いしばる俺の鼻息が「フフフン!…スヒー…フフフン!…スヒー…」と、激しくなった。
  亜希は、反り返る肉棒を握り締めると、自分の乳房に押し付ける。
  柔らかな乳房に、亀頭が減り込む感触が堪らない。弾力の強い乳首をクニュクニュと擦り付けられると、チリチリとした、燃える様な快感が走る。
  堪らない気持ち良さに、吐息交じりの「はあぁ~……」と声が漏れる。
  亜希は握っていた手を離し、乳房の谷間で肉棒を挟み込んだ。豊満な乳房に、男根はすっぽりと埋まった。
  彼女が、両乳房を手で挟みつけると、柔らかな肉で包み込まれ、堪らなく気持ち良かった。
  恍惚の表情を浮かべ、漏れそうになる声を我慢しながら、何度も腹筋に力が入いる。
  その度に肛門が「ぎゅぎゅっ!…ぎゅぎゅぎゅっ…」と締まり、肉棒が「ピクン!…ビクン!…」と、力強く跳ね返り、自然と腰が突き出る。
「光ちゃん、凄いよこの子……ビクンビクン動いてるよ」
  呼吸を荒げ、ガクガクと震える俺を、亜希は楽しそうに下から見上げながら、ぐにゅぐにゅと胸を擦り付ける。
  下腹に、両方の乳首がクニュクニュと擦り付くのが、堪らない快感だった。
  亜希は、胸の谷間から肉棒を外し、手で握り締めると、にっこりと微笑んで、亀頭から雁首の敏感なところを舐めまわした。
「ビクンッ!」と身体が反応し、のけ反りながら、快楽の吐息を吐き出す。
  震える腰を支える様に、両手を尻にあてがった。
「ジュプッ…ジャプッ…ジュプッ…」と、しゃぶられる肉棒。
  快感にのけ反り、突き出した腰が、おねだりするみたいに、いやらしくくねる。
「ギュポッ!…ガポッ!…グワポッ!…」
  音をたててしゃぶる亜希の口から、溢れ出たよだれが、男根を流れ落ちる。
  尻の肉が、ぎゅぎゅっと締まり、堪らない快感に、頭を振りながら、声が漏れそうになった時だった。遠くから、瑠依の声が聞こえて来た。
「亜希!……どこにいるの~!……」
  俺は、「ドキッ!」として目を剥いた。
  亜希も、肉棒をくわえたままで止まる。
  ふたりの鼻息だけが、荒く聞こえる。
  亜希は、口から男根を抜くと、たくし上げていたシャツを戻し、俺の耳元に顔を近づけ、囁いた。
「残念、光ちゃん…また今度ね……」
  彼女は、そうっと鍵を開けて、脱衣所から去って行った。
  心臓はまだバクバクと激しく鼓動している。額からは冷や汗が滲み、俺は亜希にしゃぶられ、べちょべちょに濡れた男根をおっ立てたまま、露天風呂に入って行った。

 




 



次のページへ続く



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2018/06/01 00:37 ]  第6章 漲る性欲 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

AngelPussy

Author:AngelPussy
 男が勃起する事を目指して官能小説を書いております。

訪問者数
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
見放題プラン
私ことこのサイトの管理人は、このHey動画月額見放題プランで、無修正動画を見放題しております。
管理人がお勧めする訳 その1
作品本数は20,000本以上
 私が好きなのはAV女優系の若くて可愛い娘の作品。AV女優系は、無修正動画の王道を行く王者「カビリアンコム」に「一本道」、「HEYZO」と、これ以上望めない一流サイトの作品が見放題なのだから、言う事無し。  試し見してみたい人妻熟女や素人も、超一流サイトの本格作品が見放題で試し見出来るのも最高。期待しないで掘り出し物を見つけると、新鮮でやたらと興奮できるのが堪らない。
管理人がお勧めする訳 その2
スマホ、タブレット対応 ストリーミング再生
 ストリーミング再生だから、すぐに観られてダウンロード要らず。パソコンは勿論、スマホでも、タブレットでも観れるから、トイレでもベッドでも車でも、いつでもどこでも24時間、好きな時間にどこでも無修正動画が見放題。
管理人がお勧めする訳 その3
低価格で見放題
 価格は月々14.99$~。レートにもよるけれど、大体1600円~1700円くらい。VIP作品も全て観られるプレミアム会員でも月々19.99$は2100円ちょっと。この低価格で24時間、いつでもどこでも無修正動画が見放題だから大満足。
だから私は、このHey動画月額見放題プランで無修正動画を楽しんでおります。
サイト入り口はこちら
管理人の詳細分析はこちら
スマホの方はこちら
新作見放題プラン
新作を見放題 したいならこちら
人気の12サイト新作が ストリーミングで とことん見放題
アダルトランキング
 
カビリアンコムガール
 
シークレットラブ
キャッチミートーク
DxLive
アダルトブログランキング