FC2ブログ
読者が勃起する事を目指し、官能小説を書いております。

22 第5章 瑠依の性感チェック 5

  喘ぐ様な、荒い息遣いでグッタリとする俺に、散々好き勝手に責めて、興奮しきる瑠依が、脚を大きく拡げ、自らお〇んこをいじくりながら、「光ちゃん…私もして…早く舐めて……」と、甘えた声で言った。
  俺は、クタクタの身体を起こし、彼女の股ぐらにうずくまった。
  身体とは裏腹に、早くかまって欲しくて猛り立つ男根は、我慢汁と言う名のよだれを滲ませ、力強く上体反らしを繰り返している。
  瑠依は、両手を着いて身体を支え、膝を曲げて腰を浮かせると、いやらしい腰つきでくねらせた。
  ジットリと濡れたお〇んこが、パックリと開き、「おいで、おいで」する様に、お〇んこのピンク色の穴が、開いたり閉じたりしている。
  興奮しているからなのか、この前よりも強く感じる、お〇んこの匂い。
  ヌルヌルに濡れるお〇んこの穴に吸い付いた。
「あぁ~ん!光ちゃんのエッチ!…もっと!…ねぇ、もっと舐めて!」
  瑠依の腰がいやらしくくねる。
  俺は、鼻息を「フンガ!フンガ!」させて、お〇んこの匂いを嗅ぎながら、がむしゃらに舌を動かし、夢中で舐めまわした。
「はぁあん…光ちゃん、どこ舐めてるの?」
  腰をくねりながら、いやらしく聞いてくる。
「瑠依さんの……あそこです……」
「あそこってどこ?……」
  瑠依は、明らかに恥ずかしい事を言わそうとしている。
「ねぇ、あそこってどこ?……どこかハッキリ言って……」
  俺は、何かゾクゾクする様な感覚を覚えながら、「瑠依さんの…お〇んこ……」と、答えた。
  それを聞いた瑠依は、俺の顔を両手で掴み上げると、鼻と鼻が付きそうなほど顔を近寄せた。
「今なんて言ったの?光ちゃん……」
  ニヤニヤと笑いながら、じっと俺の目を見詰める。
「ハッキリ言って、光ちゃん…何て言ったの?……」
  俺は、額に汗を滲ませ、ゾクゾクと興奮を込み上げながら「瑠依さんの……お〇んこ……」と言った。
  その口に、瑠依が猛烈な勢いで、吸い付いて来た。
  舌を捩込み、いやらしく動かしながら、舌に絡ませてくる、猛烈に濃厚なディープキスだった。
  余程興奮しているのか、瑠依は鼻息を荒げ、俺の口を放すと、「何てエッチなの、光ちゃん…どすけべなんだから……」と言って、ニタリと笑った。
  完全に瑠依のおもちゃと化しながら、悦びを感じる自分。
  瑠依は、見詰める瞳を輝かせ、「どうしたいの?…言ってごらん……」と言って、身体をくねらせる。
  俺は鼻息を荒げ、耳で真っ赤になりながら、「瑠依さんのお〇んこ…舐めたい……」と、答えた。
  瑠依は、「はぁあん!」とため息交じりの声を出すと、「いやらしい子ね…何てエッチなの……」と言って、身体を横たえ、股間に俺の顔を誘う。
「舐めて、光ちゃん…いっぱい舐めて!」
  腰をくねらせ、ぐちょぐちょに濡れたお〇んこを、俺の顔にグリグリと擦り付けた。
  俺は、肉壷から溢れ出す女汁を啜り、無我夢中でお〇んこを舐めまわした。
「あぁあん!光ちゃん!…エッチ!…はぁあん!もっと…もっと舐めて!」
  いやらしく腰がくねり、乳房が揺れる。息遣いも荒く、喘ぎながら問い掛ける。
「光ちゃん…どこ舐めてるの?……」
  著しく興奮して、お〇んこを舐め捲りながら、卑猥な返事を言い返す。
「瑠依さんのお〇んこ……」
「はぁあん!エッチ!エッチ!」
「瑠依さんのお〇んこ、凄い濡れてる……」
「光ちゃん!…はぁあっ!何てエッチ!…凄いスケベ……」
「お〇んこがグチョグチョに濡れてる…凄いグチョグチョ……」
「いやらしい子ね!はぁあっ!エッチ!…はぁあっ!」
  瑠依は乱れ、身体を大きくくねらせる。
  俺は舌を尖らせ、お〇んこ汁を溢れさせる肉壷の中に、その舌を捩込んだ。
「何してるの、光ちゃん!はぁあっ!いやん!凄いエッチ!」
  鼻をクリトリスに擦り付けながら、「グチュグチュ」音をさせて、舌を出し入れさせる。
「はぁあん!凄い!…光ちゃん、気持ち良い!」
  瑠依は、悶え、身体を「ビクン!……ビクン!……」と激しく震わせながら、俺の手を掴むと、お〇んこに引き寄せた。
「光ちゃん!入れて!」
  お〇んこ汁でびちょびちょに濡れた顔を離し、人差し指と中指を重ねて、肉壷の中に差し込んだ。
  2本の指は、エッチなトンネルの中をスルスルと潜り込んでいく。
  お〇んこ汁まみれの顔を乳房に擦り付け、ムニョムニョとした柔らかな感触に酔いしれる。
「はぁあん!…光ちゃん!…何してるの!」
「瑠依さんのお〇んこに、指を入れてます……」
「あぁあ!いゃあん!…何本入れたの?……」
「2本ですよ……瑠依さんのお〇んこに、指が2本、入ってます……」
「はぁあっ!エッチ!」
  身体がくねり、激しく揺れる乳首に、夢中で吸い付き、チュパチュパ音を立てて吸いまわした。
「あぁっ!あぁあっ!…感じちゃう!……光ちゃん!もっと!…もっと入れて!」
  俺は、乳首に吸い付いたまま、いったん2本の指を抜いて、薬指を肉壷に差し込んだ。
  びっちょりと濡れる薬指を抜き、3本の指を重ね、お〇んこの中に「ズボズボズボッ」と捩込んだ。
「あぁっ!はぁあん!…ねぇ、何本いれたの?」
「瑠依さんのお〇んこの中に、3本入ってます…凄いグチョグチョ……」
「いゃあん!いやらしい!光ちゃん!…何てエッチなの!」
  のけ反り、喘ぎ狂う瑠依の口に吸い付き、舌を入れた。貪る様に濃厚なディープキス。荒い鼻息が交じり合う。
  指をぐにょぐにょ動かし、エッチなトンネルの中をほじくりまわし、親指でクリトリスを、こねる様に擦りまわす。
「はぁあっ!あぁっ!」
  3本の指をぐぽぐぽと出し入れすると、お〇んこから、「チャプチャプチャプ!」と音がする。
「あぁっ!光ちゃん!いきそう!……もっと!もっと早く!」
  瑠依の身体が大きく弾み、身悶える。
  俺は、汗を噴き出しながら、懸命にお〇んこをほじくり返した。
「はぁあっ!あっ!あっ!…いく!……光ちゃん、いく!いく!いくっ!…はぁあっ!……」
  瑠依の太股がしまり、指をくわえた肉壷が、「ギュッ…ギュギュッ…」と締め付け、彼女は絶頂に達した。






 



次のページへ続く


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2018/05/04 00:09 ]  第5章 瑠依の性感チェック | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

AngelPussy

Author:AngelPussy
 男が勃起する事を目指して官能小説を書いております。

訪問者数
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
見放題プラン
私ことこのサイトの管理人は、このHey動画月額見放題プランで、無修正動画を見放題しております。
管理人がお勧めする訳 その1
作品本数は20,000本以上
 私が好きなのはAV女優系の若くて可愛い娘の作品。AV女優系は、無修正動画の王道を行く王者「カビリアンコム」に「一本道」、「HEYZO」と、これ以上望めない一流サイトの作品が見放題なのだから、言う事無し。  試し見してみたい人妻熟女や素人も、超一流サイトの本格作品が見放題で試し見出来るのも最高。期待しないで掘り出し物を見つけると、新鮮でやたらと興奮できるのが堪らない。
管理人がお勧めする訳 その2
スマホ、タブレット対応 ストリーミング再生
 ストリーミング再生だから、すぐに観られてダウンロード要らず。パソコンは勿論、スマホでも、タブレットでも観れるから、トイレでもベッドでも車でも、いつでもどこでも24時間、好きな時間にどこでも無修正動画が見放題。
管理人がお勧めする訳 その3
低価格で見放題
 価格は月々14.99$~。レートにもよるけれど、大体1600円~1700円くらい。VIP作品も全て観られるプレミアム会員でも月々19.99$は2100円ちょっと。この低価格で24時間、いつでもどこでも無修正動画が見放題だから大満足。
だから私は、このHey動画月額見放題プランで無修正動画を楽しんでおります。
サイト入り口はこちら
管理人の詳細分析はこちら
スマホの方はこちら
新作見放題プラン
新作を見放題 したいならこちら
人気の12サイト新作が ストリーミングで とことん見放題
アダルトランキング
 
カビリアンコムガール
 
シークレットラブ
キャッチミートーク
DxLive
アダルトブログランキング