FC2ブログ
読者が勃起する事を目指し、官能小説を書いております。

17 第4章 次女亜希 5

  あまりの気持ち良さに、恥ずかしさも忘れ、気持ち良い声を漏らす。
  亜希は、俺の肩に手を置いて腰を浮かせた。根元まで刺さっていた肉棒が、肉壷から抜ける。
  彼女は、そのまま床に下りると、背中を向けて、俺の両膝に手を付いた。
  お〇んこ汁で濡れたお尻を沈めると、肉棒がスルスルと、再びお〇んこの中に、根元まで潜り込む。
「はあぁん…光ちゃんのオチンチン、気持ち良いの…あぁん、光ちゃん気持ち良い…」
「あぁっ…亜希ちゃん…凄く良いよ…あぁっ!気持ち良いよ…」
  亜希が腰を大きく浮き沈みさせた。「ズチャッ…ヌチャッ…ヌヂャッ…」と、お〇んこから、粘り着く様な、卑猥な音が上がり、肉棒が出たり入ったりするのが丸見えだった。
「はぁあっ!亜希ちゃん!あぁっ!…はぁあうっ!」
  興奮と快感で、我慢出来ずに声が漏れる。
  恍惚の表情で、腰を動かしていた亜希は、ぶるっと震えて立ち上がると、邪魔なテーブルをどかし、俺の方を向いて横たわった。
  片足の膝を胸元に抱えて脚を開くと、「光ちゃん…亜希のアソコ舐めて…」と、淫らな格好で促した。
  俺は、強烈に興奮しながら、肉棒で散々ほじくり返され、汚い程「ぬっちょんぬっちょん」に濡れたお〇んこに、勢い良くむしゃぶりついた。
  瑠依とは、また微妙に違う、お〇んこの匂い。
  やや濃いめと言うか、強めの匂いを嗅ぎながら、肉壷から溢れ出すお〇んこ汁を、「ジュルジュルジュル!」と音を立てて啜り、無我夢中で舐めくりまわした。
「あぁん!光ちゃん!…凄い!凄いの!…気持ち良い、光ちゃん!…光ちゃん!」
  亜希の身体が、身悶えながら大きくくねり、「ビクン!…ビクン!」と激しく震える度に、彼女のオッパイが、「プルプル…プルルン…」と揺れる。
  俺の口のまわりは、まるでハチミツを塗りたくった様に、お〇んこ汁でグチャグチャに濡れていた。
  狂った様に、お〇んこ汁を「ジュルジュル」啜り、グチョグチョに濡れたお〇んこを「レロレロレロレロ」舐めまわし、「チューチュー」吸いまわした。
  亜希が嫌々する様に、俺の頭を押して、腰を引くと、身体を裏返し、喘ぐ様な荒い息遣いで、前のめりに身体を突っ伏し、お尻を高く突き上げた。
「光ちゃん!来て!…オチンチン入れて!」
  亜希の両手が、お尻のつけね辺りを広げ、グチョグチョのお〇んこが、パックリと口を開く。
  俺は、頭が吹き飛ぶかと思う程興奮し、鼻と口から「フンガガ!フガガガ!」と荒く息をしながら、そのお〇んこに、燃え盛る肉棒を捩込んだ。
「あぁん!光ちゃんのオチンチン…光ちゃんが入ってる…」
  俺は無我夢中で腰を動かした。肉棒が出たり入ったり、出たり入ったりを繰り返し、グチョグチョに濡れたお〇んこの中をほじくり捲る。
 お〇んこから、「グッチャ!グッチャ!ズッチャッ!グッチョ!グチョッ!」と、いやらしい音とともに、いやらしい汁が溢れ出す。
  もう、射精という名の終着駅まで、制止も停止も効かなくなった。
  お〇んこから流れ出す、快楽の女汁で、俺の太ももまで濡れてくる。
  がむしゃらに腰を突き出す、俺の下腹に、亜希の尻肉がぶつかり、「パン!…パーン!…」と音を鳴らす。
「あぁあっ!光ちゃん!あっ!あっ!あっ!光ちゃん!…」
「はあっ!はあっ!…亜希ちゃん…はあっ!はあっ!…」
  俺の喘ぐ様な息遣いと、亜希の快感に悶えるよがり声。それと、下腹と尻肉がぶつかる破裂音に、肉棒が出たり入ったりする、スケベなお〇んこの音が、部屋中に入り乱れて響き渡る。
  いよいよ肉棒に、疼く様な堪らない痺れと、熱い快感の塊が突き上がってきた。
  絶頂に向かい、もう止まら無くなった腰の動きが加速度を増し、「スパン!パン!パン!パン!」と突き捲る。
「はあっ!光ちゃん!あっ!あっ!あっ!あっ!」
  ついに頂きに到達した俺は、「あぁぁぁっ!亜希ちゃん!いく!…はあっ!いく!いく!……」と喚きながら、「ビュッ!…ビュビュッ!ビュ~ッ!…ビュ~ッ!…ビュビュッ!……」と、快楽の搾り汁をほとばしらせた。
  恍惚の表情で、満ち足りた溜息を、深々と吐き出した俺は、
  身体をガクガクと震わす、彼女のお〇んこから、男根を「ヌチャッ…」と引き抜くと、その場にへたり込み、ソファーの脚部にもたれ掛かった。
  亜希が、まだ荒い息遣いのまま、俺の横に寄り掛かかり、「光ちゃん……私、話ししたかったんじゃないの……凄いムラムラしちゃっててね、光ちゃんとエッチしたかったの……」と言って、俺に抱き着いた。
「嫌いになんないでね……」
  射精後のけだるさと、満ち足りた満足感に浸りながら、亜希の身体を抱きしめた。
「光ちゃん、どうだった?…気持ち良かった?」
「すんごい気持ち良かったよ、亜希ちゃん……」
  肩で大きく息しながら、何度となく、唇を重ね合った。



 





次のページへ続く

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2018/03/30 00:52 ]  第4章 次女亜希 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

AngelPussy

Author:AngelPussy
 男が勃起する事を目指して官能小説を書いております。

訪問者数
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
見放題プラン
私ことこのサイトの管理人は、このHey動画月額見放題プランで、無修正動画を見放題しております。
管理人がお勧めする訳 その1
作品本数は20,000本以上
 私が好きなのはAV女優系の若くて可愛い娘の作品。AV女優系は、無修正動画の王道を行く王者「カビリアンコム」に「一本道」、「HEYZO」と、これ以上望めない一流サイトの作品が見放題なのだから、言う事無し。  試し見してみたい人妻熟女や素人も、超一流サイトの本格作品が見放題で試し見出来るのも最高。期待しないで掘り出し物を見つけると、新鮮でやたらと興奮できるのが堪らない。
管理人がお勧めする訳 その2
スマホ、タブレット対応 ストリーミング再生
 ストリーミング再生だから、すぐに観られてダウンロード要らず。パソコンは勿論、スマホでも、タブレットでも観れるから、トイレでもベッドでも車でも、いつでもどこでも24時間、好きな時間にどこでも無修正動画が見放題。
管理人がお勧めする訳 その3
低価格で見放題
 価格は月々14.99$~。レートにもよるけれど、大体1600円~1700円くらい。VIP作品も全て観られるプレミアム会員でも月々19.99$は2100円ちょっと。この低価格で24時間、いつでもどこでも無修正動画が見放題だから大満足。
だから私は、このHey動画月額見放題プランで無修正動画を楽しんでおります。
サイト入り口はこちら
管理人の詳細分析はこちら
スマホの方はこちら
新作見放題プラン
新作を見放題 したいならこちら
人気の12サイト新作が ストリーミングで とことん見放題
アダルトランキング
 
カビリアンコムガール
 
シークレットラブ
キャッチミートーク
DxLive
アダルトブログランキング