FC2ブログ
読者が勃起する事を目指し、官能小説を書いております。

6 第2章 ラブホテル 1

第2章 ラブホテル



 エレベーターに二人きり。やたらと鼻息が荒い。
 その時、「敦史さん・・・」と言いながら、理沙が抱き着いてきた 。
「ねぇ、あっちゃんって呼んで良い?・・・」
 ドキンと胸が高鳴ると同時に、幸せな充実感が込み上げて来る。だらし無く顔がにやけた。
「も、もちろんだよ、理沙ちゃん」
「いゃん、ちゃん付けなんてしないで」
 理沙は、拗ねた様に口を尖らせた。そして、「理沙って呼んで・・ ・」と言いながら、俺の胸に顔を埋めた。
 幸せの絶頂。尋常で無い胸の鼓動。息苦しい程に荒い鼻息を噴き出しながら、理沙の身体を抱きしめた。
 目的の階に到着し、エレベーターが開くと、部屋はすぐそこだった 。
 中になだれ込むと、「先にシャワー浴びちゃうね」と言って浴室へ 向かった。
 初めて入るラブホテル。中の様子を興奮しながら眺めていると、「 いゃ~ん、何この浴室」と言っている理沙の声が聞こえてきた。
「このお風呂、スケスケじゃな~い・・・」
 理沙のもとに近寄る。目の前の浴室は、彼女の言う通り透明ガラス 張りで、中は丸見えだった。
 俺は眼を剥いて生唾を飲み込んだ。おまけに脱衣場には、仕切りも カーテンも何も無い。
 理沙は上目遣いで、「あっちゃん、テレビでも見てて・・・覗かないでね」と言って、意味深な微笑みを浮かべた。
「も、もちろんだよ・・・」
 あからさまに動揺している。引き攣り赤く染まった顔を隠すように 、彼女に背を向け、この大人のアミューズメントパーク最高のアト ラクションである、「ベッド」へと向かった。
 期待と興奮で胸は張り裂けそうだった。目の前が光輝き、やたらとまばたきが早い。
「ガチャッ・・・」と、浴室の扉が開く音が聞こえた。思わず視線 が浴室へと向かう。当たり前だが、彼女の全裸の姿が視線に入る。
「ドキン!!」と、心臓が高鳴った。鼻血が出たかと思うほど熱い 鼻息が噴き出した。
(なっ、なんて綺麗なお尻・・・)
 うっすらと日焼けした肉体。そこに浮き立つ真っ白なお尻。割れ目の深い肉厚のそのお尻たるや、己の最も好みの最高級のお尻だった 。
 もう堪らない。今、座っているこのベッドの上で、 あの身体と戯れ合うのだ。落ち着ける筈が無い。身体中が火照り、股間は凄まじい事になってギンギンに疼いている。 今すぐにでもパンツを脱ぎ捨て、 一気に扱きまわしたい欲求が込み上げていた。
 シャワーの音が室内に響き渡った。今までどんなに願っても叶わなかった願望が、いとも簡単に現実となろうとしている。上手く行く時はこんなものなのか、それとも彼女の言う通り、運命だからなのだろ うか。
 どうしても視線が浴室へ向かっていまう。そもそも「覗くな」と言う方が無理な話だ。
 視線に飛び込む彼女の裸体。シャワーに濡れたその身体は、更に欲情を猛烈に過熱させる。濡れたお尻が艶やかに煌めき、とてつもない欲求をそそる。
 とてもじゃないが落ち着ける筈が無い。俺はとにかく気をまぎらわせようと、テレビを点けた。
 画面には、騎乗位の体勢で腰を振りながら、悲鳴の様な喘ぎ声を上げているアダルトビデオが、大音量で映し出された。
 こんな物を観ている場合では無い。慌ててチャンネルを替えるが、 すこぶるエッチな映像ばかりだった。
 パニックに堕ちた俺は、頭が回らず、入力切り替えという簡単な操作が、全く思い当たらなかった。
 慌ててテレビの電源を切った。落ち着くつもりが、性欲と興奮を増幅させる羽目になってしまった。
「ムフ~・・・ムフ~・・・」と、荒い鼻息とともに汗を噴き出しながら、何度も生唾を飲み込んでいた。
 やがて、シャワーの音が止まり、扉の開く「ガチャリ」という音が聞こえた。
「お待たせ、あっちゃん」
 脱衣場から理沙の声が聞こえた。バスタオル一枚巻き付けただけの身体から、メラメラと湯気が立ち上っている。
 何とも色っぽい姿だった。尋常でない興奮に、頭はクラクラとしていた。
 俺はもう一度「ゴクッ!」と音を立てて生唾を飲み込むと、視界をチカチカとさせ、真っ赤に紅潮した顔から汗を滴らせながら、脱衣場に向かった。
 理沙は、「早くしてね、あっちゃん・・・」と言いながら、上目遣いに意味深な笑みを浮かべた。
 俺はシドロモドロにうなずき、脱衣場の洗面台でとにかく歯を磨いた。
 歯磨きしながら、何度も大きく深呼吸を繰り返した。ようやく股間も冷静さを取り戻してきたようだ。
 浴室に入り、身体を洗う。胸いっぱいの期待を込めて、殊更股間を念入りに洗う。
 鼻息を荒げ、心臓をバクバクさせながら、俺はシャワーを終えた。
 浴室から出ると、バスタオルを腰に巻き付け、濡れた髪をタオルで拭う。目をつぶり、視線が閉ざされる。ゴシゴシと激しく頭を拭う 。頭の中は空っぽだった。
 その時、俺は人の気配と熱い吐息を首筋に感じた。そして次の瞬間、人肌の温もりと、柔らかな感触が背中に押し着いた。もちろん理沙だった。
(!!!!!!)
 驚きと同時に、背中の甘美な感触。全身に稲妻が走り、興奮で頭と心臓が破裂しそうだった。
「あっちゃん、はやくぅ・・・」
 血走る眼で理沙を見る。そのまま理沙の唇が俺の口を塞いだ。始めから猛烈に濃厚なキス。
「テレビ点けたらエッチなのやってるんだもの・・・ムラムラしちゃったの・・・」
 甘えた声で語りかける理沙。興奮で噴き出す鼻息。再び濃厚なキスが口を塞ぐ。
 キスそのものが何年ぶりの事だろう。もちろん、こんな濃厚なデイープキスは初めての事だった。



次のページへ続く
スポンサーサイト
[PR]

[ 2019/06/07 00:26 ]  第2章 ラブホテル | TB(-) | CM(0)

7 第2章 ラブホテル 2

 鎮まりかけていた股間は、あっという間に反っくり返り、ギンギンと唸りを上げながら燃えたぎりだし た。
「はやくぅ・・・」
 せがむ様に身体を擦り付けてくる理沙。そして、彼女の手が、バスタオルの上からギンギンに燃え盛る肉棒を触った。
「あ~ん、あっちゃんの凄い事になってる!」
 俺は恥ずかしさと動揺で、思わず「ごめん・・・」と言いながら、まだ湿る頭を掻いた。
「なんであやまんの?」
 コケティッシュな笑みを浮かべる理沙。
「私の事欲しがってるんだもん・・・嬉しい」
 彼女はそう言うと、羽織っていたガウンを脱いだ。彼女の乳房が目の前にさらけ出される。
 俺は眼を剥いた。想像していた以上に大きな乳房。充分過ぎる程の 大きさが有るのに、重力に負けず下がりも垂れもしていない、パンと張りのあるプルンプルンの美乳だった。
(すげ~!!・・・何てすげ~オッパイなんだ・・・)
 乳輪は小さめで、ビンと勃った乳首は綺麗なピンク色。まさに俺の理想を超えた究極のオッパイだった。
 生唾を飲み込み、剥いた眼でガン見する。失礼極まり無い行為だが 、気遣いやらデリカシーなど、全く頭が働かなかった。
 理沙は、興奮状態で固まる俺の手を取り、「ねぇ、はやくぅ・・・ 」と甘い声を発した。
 誘われるままベッドへとなだれ込む。
 彼女が、俺の手を乳房に押し付けた。とてつもなく柔らかな乳房。
(すっげぇ!・・・オッパイだ!・・・あぁっ!オッパイだ!!)
 手の平がその究極の乳房にめり込み、その夢心地の感触に、頭も心も股間も破裂しそうだった。
「ねぇ、私のオッパイ、どう?」
 首を傾げ、上目遣いに見詰める理沙。
 どうもこうも無い。文句の付けようの無い、理想のオッパイ。
「素敵だよ・・・最高に素敵だよ」
 彼女は嬉しそうに笑みながら、乳房に押しあてた俺の手をグイグイと、更に強く押し付けた。
 手の平に、グニュグニュと柔肉の感触。堪らない心地好さ。
(あぁったまんねぇ・・・すっげぇ気持ち良い・・・)
 呆けた面で心地好さに上気する俺の顔を掴むと、理沙の口が俺の口を塞いだ。
 イヤらしい音を立てて濃厚なキス。思考回路は吹き飛び、興奮と夢心地で意識が無くなりそうだった。
 唇を離し、身体をずり上げながら、「何点?私のオッパイ?」と理沙が聞く。
 彼女の乳房が、汗ばむ俺の顔に押し着いたから堪らない。
 俺は上ずる声で「満点だよ・・・もちろん100点満点だよ・・・ 」と言って乳房の感触に酔いしれた。
「あぁん!嬉しい!」
 理沙は嬉しそうな声を上げると、俺の頭を抱え込む様にして自分の乳房に、俺の顔をグイグイと擦り着けた。
「遠慮しないで・・・あっちゃん、好きにして・・・もっとイヤら しくして!」
 とてつもない柔らかさと、夢の感触。「ムフ~!ムフ~!」と、 鼻息を荒げ、乳房にしゃぶりついた。
 ハードグミの様な乳首に吸い付き、舐めまわし、 頬を鼻を乳房に擦り着ける。
(あぁっ!オッパイ!・・・気持ち良い・・・堪らない!・・・ あぁっ!堪んない!)
「はぁあん!・・・あっちゃん・・・もっとして!・・・ もっとイヤらしく・・・もっと好きにして!・・・」
 気持ち良さそうに喘ぎ声を上げながら身を捩る理沙。 それが余計に欲情をそそり、夢中になってオッパイを貪った。



次のページへ続く
[ 2019/06/14 22:41 ]  第2章 ラブホテル | TB(-) | CM(0)

8 第2章 ラブホテル 3


  まさにこの世の極楽。頬が、鼻が、舌が、唇が、そして顔中の全ての細胞が望むまま、雄の本能に突き動かされ、その至極の感触を貪った。
 里沙は、「あぁん、あっちゃん・・・気持ち良い」と言いながら、熱い吐息を吐いて俺の身体の上にのしかかった。
 彼女の乳房が胸に直接擦り着き、そして下にずれながら、彼女の舌が俺の胸を腹を這いずりまわっていく。ゾクゾクする快感に身体が痺れる。
 我慢出来ずに「あぁっ・・・」と、恥ずかしい声が漏れた。
 膨張する股間を隠すバスタオルが、彼女の手によって剥ぎ取られた。
 凄まじい勢いで肉棒がそっくり返り、「ビターン!」と音を立てて下腹を叩きつけた。
「何これ~!あっちゃんの凄い事になってる~!」
 笑いながら楽しそうな声を上げる理沙。
 彼女の目前で、全裸の俺の股間が剥き出しになっている。
「あっちゃんの凄い・・・こんなの怖くなっちゃう・・・」
 女にあそこを誉められるほど、男にとって嬉しい事はない。初めて感じる雄の幸福感。それが熱い塊となって胸に込み上げていた。
 彼女の手が肉棒を握りしめた。
「あぁん、凄いの・・・おかしくなっちゃいそう・・・」
 熱く燃え上がり、ジンジンと唸りを上げ続けている肉棒。他人に握られる感触が気持ち良かった。
「あぁん、凄いの・・・あっちゃんの、ほんとに凄い・・・」
 彼女の舌が肉棒を這いずりまわる。噴き出す熱い鼻息が、唾で濡れる肉棒に吹きかかっている。
 幸せの絶頂。舐められる快感と、されているという幸福感に包まれていた。
 ウットリした顔で、肉棒を頬に擦り付け、舐めまわす理沙。そして遂に彼女の口が肉棒をくわえ込んだ。
 しゃぶりまわす彼女の口から「ジュプッ!・・・ギュプッ!・・・」とイヤらしい音が上がる。
 興奮と快感。俺は思わず「ハァッ!・・・」と声を漏らして、腰を浮かせた。
 熱い鼻息が、俺の下腹や肉棒に吹き掛かる。くすぐったさと気持ち良さ。俺は恍惚の表情を浮かべ、至極の快感に酔いしれていた。
 更に激しく、そしてイヤらしくなる理沙のおしゃぶり。
「ギュブッ!・・・ガポッ!・・・ジュプッ!・・・」
 堪らない気持ち良さだった。だらしなく口を半開きにさせ、溜め息交じりに息を荒ぶらせていた。
 理沙は、「チュボッ!」と音を立てて口から男根を抜くと、「ねぇ、あっちゃん・・・気持ち良い?・・・」と聞きながら、金玉袋をベロンベロンと舐め回した。
「はぁあぁ・・・気持ち良い・・・凄い気持ち良いよ・・・」
 痺れるような快感に、下半身の力が抜ける。身体をくねらせ、我慢出来ずに恥ずかしい喘ぎ声が漏れ続けた。
 理沙も欲求が高まったのか、「あっちゃん、わたしも・・・理沙にもして」と言うと、俺の身体の上に身体を乗せた。顔の目前に、脚を開いた彼女の股ぐらが丸出しになった。
 脳味噌が爆発した。
「あっちゃんして・・・理沙のも舐めて!・・・」
 おねだりするように腰をくねらせる理沙。
 俺は、こんもりと盛り上がる肉厚の尻肉を鷲掴みにした。深い割れ目の溝が開き、収縮するお尻の穴までハッキリと見えている。
 乳房の柔らかさとは違う、張と弾力の有る肉尻の触り心地。やたらめったらに気持ち良い。
 顔を持ち上げると、蒸れて湿った理沙のお○んこが、鼻と唇に擦り着いた。欲情と興奮が爆発する。
 堪らず、俺は理沙の生お○んこにむしゃぶりついた。
 69ナウ。性器を舐められながら、相手の性器を舐めまわす行為。もちろん初めての経験だった。
 石鹸の匂いの奧に、ほんのりと漂う生臭い匂い。頭がクラクラしていた。





次のページへ続く



[ 2019/06/21 02:19 ]  第2章 ラブホテル | TB(-) | CM(0)

9 第2章 ラブホテル 4

 無我夢中でお○んこを舐め回した。
(お○んこ!・・・お○んこ!お○んこ!!!)
 頭の中は真っ白だった。恥ずかしさも遠慮も頭に浮かばない。「フンガッ!ブガガッ!」と物凄い鼻息を噴き出しながら、「ブチュグチュ!ジュプッ!ブヂャ!」と音を立てて、お○んこを舐めまわし、吸いまわし、すすりまわした。
「ハァッ!あっちゃん!・・・気持ち良い!」
 理沙の腰がイヤらしくくねり、ビクン!ビクビクン!と震える。
「もっとぉっ!・・・あっちゃん、もっといっぱいして!」
 理沙は感じている。その実感が、喜びとして込み上げる。
 やたらと掴み心地が良い、プリップリッの尻肉を掴み触りしながら、レロレロレロレロ舌を動かし捲った。
 その舌が、コリッとした感触の突起物をとらえた。
 理沙の腰が、ガクン!ビクビクン!と大きく反応した。
「はぁあっ!あっちゃん!そこ!・・・あっちゃん、気持ち良い!・・・もっと!そこ!もっと!」
 そこがクリトリスだった。女体で一番感じると理解しているその部分。俺はとにかく彼女が望む通り、夢中になって舐めて、吸って、しゃぶって、擦りまわした。
「はぁあっ!あっちゃん!・・・凄い!・・・もっと!もっと!・・・凄い良い!あっちゃん!」
 喘ぎ声を上げながら、彼女の腰が、ガクン!ビクン!と、大きく震える。
 彼女も相当興奮していると見え、鼻息を荒げ、俺の肉棒を「ギュポッ!ガポッ!ガポッ!」と、激しくしゃぶる。
 やたらと気持ち良かった。そして悦ばせている興奮に、身体も心も酔いしれていた。
「あっちゃん!凄い!・・・はぁあっ!いくっ!・・・いくいくっ!あっちゃん!いっちゃう!・・・」
 彼女の腰が、弾む様に大きくクネリ、息を荒げながら、俺の身体に覆い被さった。
  ついに彼女は絶頂に達した。
(イカせた・・・女をイカせた!・・・イカせた!・・・)
 俺も「ムフ~!ムフ~!」と息を弾ませ、男としての喜びに浸りながら、男としての自信が込み上げていた。
 彼女の腰が、ピクン!ビクン!と震える度に、目の前の濡れた尻肉がプルンプルンと震える。
「はぁん!・・・あっちゃん凄いんだもん・・・いっちゃった・・・いっちゃったよ・・・」
 理沙は、喘ぎ声と吐息交じりにそう言いながら、身体を起こすと、枕元に装備されているスキンを掴み取った。そして、俺の股間にうずくまると、慣れた手つきで、燃え盛る肉棒をスルスルとスキンで包み込んだ。
 時折震える彼女の後ろ姿がどうにも艶かしい。俺は息を大きく弾ませながら、生唾を飲み込んでいた。
 彼女の手が、肉棒を握りしめた。
「はぅん・・・こんな凄いの・・・あたしの壊れちゃう・・・」
 喘ぎ交じりに言いながら、理沙はお尻を持ち上げた。
 白く、見事なまでに美しい彼女のお尻。俺は眼を剥いてガン見していた。
 理沙は、己の男根挿入坑に、肉棒の亀頭をあてがうと、自ら腰を沈めた。
 俺の肉棒が、理沙の中にズボズボと入っていく。
(入ってく!・・・俺のが、理沙の中に入ってる!・・・)
 理沙は甘い吐息を吐きながら、前のめりになって俺の両膝を掴んだ。
「あっちゃんのが入ってる・・・凄いんだもん・・・はぅん・・・」
 喘ぎ声を上げながら、理沙の腰がくねる。ガン見する目の前で、お尻の割れ目が開き、グッチョリと濡れた尻の穴までハッキリと見える。
(すげぇ~!・・・入ってる!・・・入ってる!入ってる!・・・)
 最極上の女と、こんな恥ずかしい格好で結合している。興奮が止まらなかった。





次のページへ続く
[ 2019/06/28 07:13 ]  第2章 ラブホテル | TB(-) | CM(0)
プロフィール

AngelPussy

Author:AngelPussy
 男が勃起する事を目指して官能小説を書いております。

訪問者数
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
Hey動画見放題プランで観ています
私ことこのサイトの管理人は、このHey動画月額見放題プランで、無修正動画を見放題しております。
管理人がお勧めする訳 
その1
作品本数は20,000本以上
 私が好きなのはAV女優系の若くて可愛い娘の作品。AV女優系は、無修正動画の王道を行く王者「カビリアンコム」に「一本道」、「HEYZO」と、これ以上望めない一流サイトの作品が見放題なのだから、言う事無し。  試し見してみたい人妻熟女や素人も、超一流サイトの本格作品が見放題で試し見出来るのも最高。期待しないで掘り出し物を見つけると、新鮮でやたらと興奮できるのが堪らない。
管理人がお勧めする訳 
その2
スマホ、タブレット対応 ストリーミング再生
 ストリーミング再生だから、すぐに観られてダウンロード要らず。パソコンは勿論、スマホでも、タブレットでも観れるから、トイレでもベッドでも車でも、いつでもどこでも24時間、好きな時間にどこでも無修正動画が見放題。
管理人がお勧めする訳 
その3
低価格で見放題
 価格は月々14.99$~。レートにもよるけれど、大体1600円~1700円くらい。VIP作品も全て観られるプレミアム会員でも月々19.99$は2100円ちょっと。この低価格で24時間、いつでもどこでも無修正動画が見放題だから大満足。
だから私は、このHey動画月額見放題プランで無修正動画を楽しんでおります。
サイト入り口はこちら
管理人によるサイトの詳細分析はこちら
スマホの方はこちら
10円動画
10円動画 素人
大人の玩具
アダルト写真集雑誌
美少女ノベル官能小説
アダルトPCゲーム
アダルトコミック
同人誌ダウンロード
アダルトブログランキング