FC2ブログ
読者が勃起する事を目指し、官能小説を書いております。

61 第13章 快楽の夜 4

  亜希の舌が、「レロレロ」と亀頭を舐めまわし、くわえて「ジャプッ、ジャプッ」としゃぶり、唇で「チュッ、チュッ」と音を立てて吸われる亀頭。
  俺は「はぁあっ!」と歓喜の声を上げ、快感にのけ反る。
  待ちに待った至福の時を迎え、やんちゃ坊主は、すこぶるご機嫌にはしゃぎまわる。
「はぁあっ……亜希ちゃん、気持ち良い……あぁあぁっ…気持ち良いよ、亜希ちゃん……」
  堪らない気持ち良さに、悦びの声を漏らし、快感に酔い痴れる。
  亜希が本格的にしゃぶり始めた。
「ガポッ…ジュポッ…グボッ…ジュプッ…」と、いやらしい音が、野外に響く。
  腰が浮き、おねだりする様に、いやらしく腰が動いていた。
  腰が震え、亜希の口から溢れた唾液が、肉棒を滴り落ちていく。
  亜希は、うっとりとした目をして、夢中で「ガポッ!ガプッ!…ジュポッ!ジュプッ!…」と肉棒をおしゃぶりしている。
「はぁあっ…あぁあぁっ…亜希ちゃん……あぁあぁっ……」
  ひとしきりおしゃぶりして満足したのか、亜希が、くわえた肉棒を口から引き抜いた。
  あぶくを吹く唾液でビチャビチャに濡れた肉棒は、アンコールを熱望し、元気にヘッドバッキングを繰り返す。
  亜希が、マットの脇に手を伸ばし、ローションのボトルを掴み取ると、「光ちゃん…もっと、もっと気持ち良くしたげる……」と言って、「んふっ」と笑った。
  彼女が、俺の身体にたっぷりとローションを塗りたくる。
  瑠依とアナルファックをしたこの場所。あの時の記憶が蘇り、胸も股間も踊り狂う。
  亜希が、自分の身体にもたっぷりとローションを塗りたくっている。日焼け跡のクッキリと残る身体が、テカテカと光り、ことさらエロく見える。
  今宵、大文字家自慢の露天風呂に、青空ソープが開店した。
  亜希は、いやらしく微笑むと、「光ちゃん……」と甘い声で言いながら、俺の身体に覆いかぶさった。
  彼女の柔肌が、身体の上をヌルンヌルンと滑る。
  身体に押し付く「神の乳」がヌルルン、ニュルルンと這いまわる。まさに至福の瞬間。
  口を半開きにし、途方もない腑抜け面を浮かべ、堪らない感謝に酔い痴れる。
「はぁあぁ……あぁうぁぁ……」
  情けないよがり声が我慢出来ない。
  亜希は、クスクスと笑いながら、面白がって乳房を擦り付けてくる。
「どう?光ちゃん、気持ち良い?……興奮しちゃう?……」
  そりゃぁもう、気持ち良いったらありゃしない。鼻息を吐き散らしながら、もんどり打って快感に溺れた。
「はぁあっ…亜希ちゃん…気持ち良い……あぁうぁぁ…気持ち良い……」
  ヌチャネチャと、粘っこい音が、いやらしさを助長する。
  亜希は、上半身を起こすと、背中を向けて、男根の上に乗っかった。
  俺の両膝を掴み、腰を前後に繰り出す。
  男根にヌルヌルのお〇んこが擦り付く、その感触が堪らない。
  ローションでテカる彼女の美しいお尻が、前後に振られるたび、割れ目が開いて剥き出しになるお尻の穴。
  何とも淫らで刺激的な光景に、スケベな眼差しが釘付けになる。
「はぁあっ!あぁん!…光ちゃん…あぁん!あっ!あぁん!……」
  腰を振る亜希も、お〇んこを擦り付け、気持ち良さそうな喘ぎ声を上げる。
  ローションまみれのお〇んこで肉棒を擦られ、その堪らない快感に、身体がのけ反り、歯を食いしばる。
「はぁあっ…亜希ちゃん……あぅうぅっ…堪らない…あぁあぁっ…亜希ちゃん、気持ち良い……」
「あぁっ!あっ!光ちゃん!…はぁあっ!光ちゃん!…あっ!あっ!……」
  ふたりの快楽に熱中する悦びの喘ぎ声が、野外に響きる。
  狂った様に腰を振り回していた亜希が、その動きを止めた。
  弾む息遣いで身体を向き直ると、その身体を下にずらし、悦びに踊り狂う肉棒を、乳房で挟み込んだ。


次のページへ続く
スポンサーサイト
[PR]

[ 2019/02/01 07:12 ]  第13章 快楽の夜 | TB(-) | CM(0)

62 第13章 快楽の夜 5

  柔らかい乳房で挟まれ、ローションでニュルンニュルンに擦られる。
  堪らない快感に「はぁあっ…あぁあぁっ…」と、歓喜の声を漏らし、もんどり打って身悶える。
  下腹に押し付けられた乳首が、縦横無尽に擦れまわり、その感触がやたらに気持ち良い。
「ヌチャッ…グチュッ…ヌチュッ…グヂュッ…」と、いやらしい音を掻き鳴らし、パイズリされる肉棒。
  堪らず腰が浮き、おねだりする様に、いやらしくクネリ捲る。
  一気に燃える様な快感が突き上げ、絶頂へのカウントダウンが始まった。
  亜希は、快感に身悶える俺の顔を見上げながら、両乳房を脇から押さえ込み、挟んだ肉棒を締め付ける。
「んふっ…光ちゃん、感じる?……亜希のオッパイ、気持ち良い?……」
  亜希は、ことさら楽しそうに、乳房を揺らし、肉棒を刺激する。
  足の爪先が反り、腹筋に力が入るが、ローションで身体が潤み、踏ん張りが利かない。
「あぁあぁっ…亜希ちゃん……気持ち良い…はぁうぅっ…イッちゃいそう……」
  いよいよ快感が込み上げる肉棒から、大射精警報が発令された。
  亜希が、乳房の谷間に挟む肉棒を、さらに強く締め付けて擦り上げる。
  美しい乳房の間から、ヌルヌルにテカる肉棒が「グチュッ!ヌチュッ!ブチュッ!」と音を立てて出入りを繰り返す。
「あぁあぁっ!亜希ちゃん!…はぁあっ!…はぁあっ!」
  すでに肉棒は我慢出来る限界を迎えていた。
「あぁあぁっ…亜希…ちゃん…はぁあっ!イッちゃう、イッちゃう、イッちゃう……」
  身体を潤ませ、のた打ちながら、燃え上がる亀頭から絶頂の快感が突き抜け、乳房の谷間から亜希の顔目掛け、「ビュ~ッ!ビュ~ッ!ビュ~ッ!」と、精液を撒き散らした。
「あくぅぅっ……はぁうぅっ……」
  恍惚の表情で、情けない声を漏らし、夢心地の快楽に酔い痴れていた。
  亜希は、「光ちゃん、イッちゃったの……気持ち良かったでしょう……」と言いながら、「んふっ」と嬉しそうに笑っていた。
  その彼女が、シャワーでローションを流すと、俺の身体にシャワーを浴びせ掛けた。
  ヌルヌルのマットの上でのた打ちまわる。亜希がゲラゲラ笑いながら、シャワーを掛け続ける。
  亜希が先に湯舟に浸かった。まだ息遣いの荒いまま、俺も後に続く。
  俺が湯舟に入ると、待ち構えていた様に、熱く濃厚な接吻で迎える亜希。
  息苦しい程情熱的なキスの後、彼女はうっとりした目で俺を見詰めながら、「光ちゃん……今夜はたっぷり、お返ししてね……いっぱいイカせて……」と、耳元で囁いた。
  一仕事終えた俺の相棒は、ぐったりとうなだれたまま、何の反応も示さなかった。
  俺は深いため息を吐き、「今夜は長い闘いになるな……」と思ったが、その顔は至福の表情を浮かべていた。


次のページへ続く
[ 2019/02/08 07:07 ]  第13章 快楽の夜 | TB(-) | CM(0)

63 第13章 快楽の夜 6

 
  二人とも身体や髪を洗い、風呂から上がった頃には、すっかり日が暮れていた。
  夕食の準備が有るからと、先に脱衣所に行った亜希。
  夕暮れの空を見上げて、弾む息を静め、脱衣所に行った時には、すでに彼女の姿は無かった。
  スエットにTシャツの、ラフな格好でリビングへと向かった俺を、エプロン姿の亜希が出迎えた。
  日焼けした肌がだいぶ露出しているな、と思った時、彼女が意味深な笑みを浮かべ、クルリと一回り、身体を回転させた。
  その瞬間、俺は目を剥き、「亜希ちゃん!」と、大声を上げた。
  俺の目に飛び込んできたのは、真っ白な彼女のお尻だった。
  亜希は、全裸の上にエプロン一枚着けただけの、いわゆる「裸エプロン」姿だった。
  男の夢と憧れのハレンチ姿。これ程男の欲情をそそる姿が他にあろうか。
  鼻息をバフバフさせながら、しどろもどろに「亜希ちゃん!なっ、なんて格好……」と言ったまま固まった。
  亜希は、コケティッシュな笑いを浮かべ、身体をしならせた。
「だって…すぐ脱ぐんだもん……洗濯物増やすだけじゃない」
  俺は目を剥いたまま、生唾を飲み込んだ。
  一戦終了し、うなだれて休息していた股間のやんちゃ坊主が、慌てて臨戦準備を整える。
  亜希は、「夕飯食べちゃおう」と言って、キッチンへ誘う。
  誘われるまま、食卓のテーブルに座った。
  いつもは瑠依が腰掛ける、斜め横の椅子に陣取った。
  微妙に見える、丸出し生尻のヒップラインが、妙になまめかしい。
  前を隠す様に覆う、布切れ一枚の下には、匂い立つ亜希のお〇んこが。
  食事の湯気よりも、噴き出す鼻息の湯気の方が、はるかに熱かった。
  ちょっと動くだけで、エプロンの下の乳房が揺れる。そして何より興奮するのが、エプロンの裾から、チラリ、チラリと見え隠れする、はみ乳だった。
  目のやり場に困る。連闘に向け、臨戦態勢を整えた股間のやんちゃ坊主は、ガッツリと立ち上がり、ファイティングポーズを取って身構える。
  とてもじゃないが、食事に集中する事など、出来る筈も無かった。
  興奮状態で食事を終えた俺の手を、亜希がそっと握り締め、「ねぇ、光ちゃん……」と、潤んだ瞳を輝かせながら囁いた。
「今夜は、亜希の部屋に泊まってね」
  思わず飲み込む生唾。勢い良く噴き出す鼻息。
「お姉ちゃんも、奈美も居ないから、良いでしょう…光ちゃん……」
  色っぽく身体をしならせる亜希。
  姉妹と、母親玲子との約束事が頭を過ぎる。
(もし、寝過ごしたら……もし、瑠依たちの帰りが早かったら……そして、彼女達に見つかったら……)
  もしもの不安が胸に引っ掛かった。
「亜希ちゃん、やっぱり離れの方が……」
「いゃあん、光ちゃん…亜希、部屋の方が良いの……」
  亜希が拗ねた表情を見せる。そして嫌々する様に身体を振ると、エプロンの下で、彼女の乳房が大きく揺れた。
  頭も心も股間も、完全な発情状態。約束に執着し、亜希の機嫌を損ねる訳にはいかない。俺は、首を縦に振って了解するしかなかった。

次のページへ続く


[ 2019/02/15 06:53 ]  第13章 快楽の夜 | TB(-) | CM(0)

64 第13章 快楽の夜 7

  食事を終えた食器を、嬉しそうに鼻歌交じりに片付ける亜希。
  キッチンに向かう彼女の後ろ姿は、腰の辺りに蝶々結びをした紐が有るだけのお尻丸出し姿。
  やんちゃ坊主は、歓喜のヘッドバッキングを繰り返している。
  俺は、彼女が洗い物をしている間に、「離れ」に戻ろうと思った。
  決戦に備え、スキンも必要だし、着替えや歯ブラシも用意したかった。
「亜希ちゃん、ちょっと離れに行って来るね……」
  亜希は、驚いた表情で俺を見詰め。
「待って、光ちゃん。離れに何の用?」
  亜希は、明らかにうろたえていた。
「着替えや歯ブラシとか持って来るよ」
  彼女は、慌てて濡れた手を、身に着けたエプロンで拭い、俺ににじり寄って来た。
「着替えなら、脱衣所に有るから、明日お風呂に入って着替えれば良いじゃない」
  彼女はそう言うなり、俺に抱き着いて来た。そして、俺の手を掴むと、丸出しのお尻にあてがった。
  ムッチムチの生尻。堪らない感触に、噴き出す鼻息。
  亜希はさらに身体を密着させ、甘えた声で、「歯ブラシも、お客さん用のいっぱい有るから、行かないで……」と言うと、俺の返事を待たずに、唇に吸い付いてきた。
  猛烈な欲情が込み上げる。両手で亜希の生尻を掴み、感触を貪る様に揉みくちゃにする。
  その堪らない感触に、歯止めが効かない。
  亜希も鼻息を荒げ、激しく求める。
  パンツの中のハッスルボーイは、「早く出せ!」と言わんばかりに、ビンビン、ビンビンと暴れまくる。
  亜希は、キスを続けながら、「光ちゃん……ねぇ、早く行こ……ねぇ、もう欲しいの……」と言って、豊満な乳房をぐいぐいと押し付けた。
  頭の中は、淫らな欲求だけで満タンになった。
  どうして「離れ」に行く事を嫌がるのかは分からなかったが、もう、そんな事はどうでも良かった。
「早く…ねぇ早く、あたしの部屋行こ……」
  俺の手を掴み、そのまま引っ張られた。
  彼女の部屋までの道すがら、彼女のプリンプリンのお尻が、プルンプルンと揺れるから堪らない。
  燃えたぎる、股間のハッスルボーイがすこぶる邪魔で、前屈みになりながら、引きずられる様に、亜希について行く。
  彼女が自室のドアを開け、中に引っ張り込む。
  俺は、されるがままに、彼女の部屋へと入った。
  元々、来客が宿泊するためだけの、殺風景だったゲストルームは、女の子の部屋らしく、綺麗に飾り立てられていた。
  女の子の部屋に入るのも初めてだった。
  見慣れぬ光景に、ドギマギと戸惑う。
  キョロキョロと室内に視線を向けていると、ドアに貼られたカレンダーに目が止まった。
 黒、青、赤と、三色のマジックで、ところどころの日付に丸印がついている。
  父母が日本を発った日と、その翌日に黒丸が付けられているのが始まりで、今日の日付には赤丸が付けられてあった。
  そのカレンダーを、不思議そうに見詰めていた俺に、亜希が誘いを掛けてくる。
「ねぇ、光ちゃんてば……早くう……」
  ベッドに並んで置かれたラブソファーの上に、亜希が俯せに横たわり、頬杖をついて微笑んでいる。
  お尻の割れ目が、深い谷間を作り、俺の視線を釘付けにした。


次のページへ続く
[ 2019/02/22 06:51 ]  第13章 快楽の夜 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

AngelPussy

Author:AngelPussy
 男が勃起する事を目指して官能小説を書いております。

訪問者数
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
Hey動画見放題プランで観ています
私ことこのサイトの管理人は、このHey動画月額見放題プランで、無修正動画を見放題しております。
管理人がお勧めする訳 
その1
作品本数は20,000本以上
 私が好きなのはAV女優系の若くて可愛い娘の作品。AV女優系は、無修正動画の王道を行く王者「カビリアンコム」に「一本道」、「HEYZO」と、これ以上望めない一流サイトの作品が見放題なのだから、言う事無し。  試し見してみたい人妻熟女や素人も、超一流サイトの本格作品が見放題で試し見出来るのも最高。期待しないで掘り出し物を見つけると、新鮮でやたらと興奮できるのが堪らない。
管理人がお勧めする訳 
その2
スマホ、タブレット対応 ストリーミング再生
 ストリーミング再生だから、すぐに観られてダウンロード要らず。パソコンは勿論、スマホでも、タブレットでも観れるから、トイレでもベッドでも車でも、いつでもどこでも24時間、好きな時間にどこでも無修正動画が見放題。
管理人がお勧めする訳 
その3
低価格で見放題
 価格は月々14.99$~。レートにもよるけれど、大体1600円~1700円くらい。VIP作品も全て観られるプレミアム会員でも月々19.99$は2100円ちょっと。この低価格で24時間、いつでもどこでも無修正動画が見放題だから大満足。
だから私は、このHey動画月額見放題プランで無修正動画を楽しんでおります。
サイト入り口はこちら
管理人によるサイトの詳細分析はこちら
スマホの方はこちら
10円動画
10円動画 素人
大人の玩具
アダルト写真集雑誌
美少女ノベル官能小説
アダルトPCゲーム
アダルトコミック
同人誌ダウンロード
アダルトブログランキング