FC2ブログ
読者が勃起する事を目指し、官能小説を書いております。

57 第12章 パイパン奈美 4

  両足を踏ん張り、下から腰を突き上げる。快感を求め、肉棒がエッチなトンネルの奥深くへと突き刺さった。
「あきゃっ!……」と、悲鳴の様な声を上げ、奈美がのけ反る。
  彼女の小さなお尻を、握る様に両手で掴み、がむしゃらに腰を突き立てる。
「はかぁっ!あっ!…あっ!あっ!…おっ!おっ!お兄ちゃん!…あっ!ひきゃっ!…」
  快感を貪欲に求める性欲に、歯止めや制御など効かず、荒れ狂う肉棒が、エッチなトンネルをほじくり返す。
「ズコズコズコズコ!ズコバコズコバコ!」と、突いて突いて突き上げた。
「あきゃっ!おにぃ!ちゃっ!…こわれちゃ!こわれちゃうよ!…ひきゃっ!…あっ!きゃっ!」
  奈美が、苦悶の表情を浮かべ、頭を振って声を荒げる。
  お〇んこから、「グチュッ!…グチュグチュッ!…ジャプッ!…グブボッ!……」と卑猥な音が鳴り響く。
「おにぃちゃっ!あきゃっ!奈美のアソコ!こわれちゃっ!…アソコ!こわれちゃうよ!…あっ!あっ!…きゃっ!」
  燃えたぎる欲情と興奮は制御など出来ず、彼女のお尻を掴む両手が、尻の割れ目を開き、更に早く、激しく腰を突き上げた。
  お〇んこから溢れ出すエッチ汁で、太股はビチャビチャに濡れヌルヌルンにぬめる。
  性獸と化した俺は、夢中になって、エッチなトンネルの中を、肉棒で突いて、突いて、突いて、突きまくった。
「あきゃっ!いくっ!……お兄ちゃん!……はきゃっ!あきゃっ!……いくっ!いくっ!……」
  奈美の腰が「ガクン!ガクガクン!」と震え、お〇んこがギュギュッと締まり、奈美が絶頂に達した。
  俺は腰の動きを止め、顔に噴き出した汗を手で拭った。「ゼー!ハー!ゼー!ハー!」と、息が上がる。
  奈美の身体が、「ガクガク…ガクン……」と震えている。
  薬用酒の効き目は凄まじかった。奈美がイッたのに、まだまだイキそうにない。
  震える彼女を抱きながら、身体を起こし、男根を入れたまま、彼女の身体を仰向けに横たわらせた。
  燃えたぎる性欲は、射精するまで鎮まらない。
  俺は、両手で彼女の両膝をガバッと押し開き、お〇んこの掘削作業を再開した。
  意識などしなくとも、快楽を求めて激しく腰が動き、エッチなトンネルの中を、いきり立つ肉棒がほじくり捲る。
「はあっ!あっ!…お兄ちゃん!…あっ!あきゃっ!……」
  苦悶の表情を浮かべ、力一杯シーツを握り締める奈美。
  グチョグチョに濡れた肉襞を掻き分け、ひたすら出入りを繰り返す肉棒。
「はきゃっ!…あっ!あっ!あっ!…お兄ちゃん!…あっ!あっ!あきゃっ!……」
  奈美の握り締めるシーツが、皺くちゃによじれ、今にも引き裂けそうだった。
  奈美の両膝を両手で抱き寄せ、胸に抱え込んだ。
  燃え盛る欲情に任せ、激しく腰を突き動かす。
「あきゃっ!…あっ!あっ!おにぃ!ちゃっ!…こわれちゃっ!…こわれちゃうよ!…あっ!ひきゃっ!……」
  がむしゃらに突き捲る反動で、彼女の乳房がプルンプルンと激しく揺れ動く。それが堪らなく淫らで興奮をたきつけ、腰の動きが更に加速する。
  蜜を噴き出す肉壷を、肉棒が突いて、突いて掻き回す。
「あきゃっ!…おかしくなっちゃっ!…あっ!あきゃっ!…お兄ちゃん!おかしくなっちゃうよ!……」
  乳房は更に激しく揺れ動き、悶絶する奈美がもんどり打つ。
「あぁぁあっ!……気持ち良い……はあっはあぁぁっ!……凄い気持ち良いよ奈美ちゃん……はあっ!気持ち良い!……」
  纏わり付く、ビチャビチャに濡れた肉襞で擦られ、肉棒に堪らない快感が走りまわる。
  いよいよ股間に、射精に向けた燃える様な快感の塊が突き上げて来た。
  奈美は、「ひきゃっ!……」と悲鳴を上げると、大きく開けた口から、声も出なくなっていた。
「あぁぁあっ…凄い気持ち良い…はぁあっ!はぁあっ!…イキそうだよ……はぁあっ!気持ち良いよ……」
  ラストスパートに向け、あらゆる制御が効かなくなった。腰の動きは更に加速し、お〇んこの中を勢い良く肉棒が突き捲る。
「あぁぁあっ!はぁああぁぁあっ!…いくっ!はぁあっ!いくいくいくっ!」
  快感の塊が肉棒を突き抜け、「ドクン!ドクドクン!ドクン!ドクン!…ドクドクン!」と、絶頂の快感が走り抜けた。
  ハーフマラソンを駆け抜いた後の様に息を弾ませ、奈美の挿入口から男根を引き抜いた。
  ブルブル、ガクガクと震え続ける奈美。
  俺は荒々しくティッシュをむしり取ると、まだ萎え切らない半勃起の男根の後始末をし、彼女の横に倒れ込む様に横たわった。
  失神させちゃったかと心配になったが、奈美は俺の身体に抱き着くと、「もう、お兄ちゃんたら……こわれちゃうよ……」と言って、俺の胸に顔を埋めた。



次のページへ続く
スポンサーサイト
[PR]

[ 2019/01/04 12:43 ]  第12章 パイパン奈美 | TB(-) | CM(0)

58 第13章 快楽の夜 1

第13章 快楽の夜



  連休は、今日一日平日を挟み、後半を迎える。
  夕食時、瑠依が奈美と一緒に、明日、群馬の親戚の家に一泊すると言い出した。
  母親玲子の兄宅で、毎年玲子と共に泊まり掛けで行っていたらしい。
「今年は来ないのかってうるさいのよ……奈美の顔が見たいって……」
  あまり乗り気じゃ無いらしく、瑠依は顔をしかめて、ため息をついていた。
  奈美はと言えば、叔母さんの作るチーズケーキが大好物らしく、満面の笑みを浮かべ、この上なく上機嫌だった。
  その晩、俺はなかなか寝付け無かった。明日は亜希とふたりきり。亜希がその気になる保証も無いのに、淫らな妄想が膨らみ、股間も膨らむ。
  彼女の美しい豊乳が脳裏に蘇り、欲情を掻き立てる様にブニョン、ボニョンと大きく揺れる。
  美巨乳のミス・コンテストが有るならば、日本代表になっても不思議はないだろう彼女の乳房。
  その乳房を好き勝手に舐め放題、揉み放題出来るかと思うと、鼻息が「バッフン!バッフン!」噴き出しながら、興奮が止まらない。走り出した妄想がさらに暴走を始めた。
  大きくて、堪らない程美しい彼女のお尻。拡げたお尻の割れ目に、ヒクヒクと緩萎する剥き出しになったお尻の穴。
  癖になるお〇んこの匂い。パックリと開いてグッチョリ濡れた彼女のお〇んこ。
  ファイティングポーズを取って、臨戦体制を整える男根。今夜の出陣は無いと言うのに、ジンジンと唸りを上げて猛り狂う。
  頭も股間も冴え渡り、悶々とした俺は、とてもこのまま寝付けそうにも無く、起き上がって冷蔵庫からワインを取り出した。
  つまみも無しに、ワインを煽った俺は、見事に深酒し、へべれけに酔っ払って眠りついた。
  翌日、昼食が終わると、奈美も瑠依も出掛ける準備で部屋に篭り、リビングには亜希とふたりだけになっていた。
  彼女は寛いでテレビを見ている。もちろん、誘い掛けてくれる様なそぶりは微塵も感じ無い。
  時刻は二時近くなり、奈美と瑠依が仕度を終え、リビングへとやって来た。
  コンパの時、あれだけ不機嫌になった奈美が、亜希とふたりだけになる事をごねやしないかと心配したが、亜希の事を余程信頼しているのか、そんな素振り一つ見せなかった。
  叔母のチーズケーキがどれほど楽しみなのか、笑顔を輝かせ、奈美はすこぶる上機嫌だった。
  二時になって、瑠依と奈美が出発する事になった。
  奈美は変わらずご機嫌で、俺にウインクしながら「お兄ちゃん、亜希ちゃんと仲良くしてね」と言って、投げキッスして出掛けて行った。
  再び、リビングで亜希とふたりきりになった。
  その亜希は、ソファーに寝転び、テレビを見ながら寛いでいる。
  俺の方はと言えば、ソファーに座りながらも、ソワソワと落ち着かず、とてもじゃないが寛げ無かった。
(今夜は亜希とふたりきり……あんな事して……こんな事して……)
  太陽がギンギンに輝く昼間だというのに、ムラムラと欲情だけが込み上げ、負けじと股間もギンギンに燃え上がっていた。
  悶々とした時間を過ごしていたが、四時を過ぎた時、寝転んでいた亜希が起き上がると、ニヤリと意味深な笑みを浮かべて近寄って来た。
  心臓がドキッと高鳴り、荒い鼻息が噴き出した。
  亜希は、俺の横にひざまずくと、「光ちゃん……ふたりだけで過ごすの初めてだね……」と言って、笑い掛けた。
  燃える様な熱い吐息が吹き掛かる。
  その吐息に、ゾワゾワとした痺れる様な快感が走る。
  俺は顔を赤らめ、強張った表情で作り笑いを浮かべた。
  亜希は、俺の手を掴みながら立ち上がると、「ねぇ光ちゃん、一緒にお風呂入ろう……」と言って、俺の手を引っ張った。


次のページへ続く
[ 2019/01/11 06:59 ]  第13章 快楽の夜 | TB(-) | CM(0)

59 第13章 快楽の夜 2

  時刻は四時を過ぎたばかり。日は西に傾いたとは言え、まだまだ明るい。
「もう入るの?まだ早いんじゃ……」
  俺がドギマギしながら立ち上がると、亜希が身体を密着させて抱き着いてきた。
「嫌なの?光ちゃん……奈美もお姉ちゃんも居ないなんて、滅多に無いんだもん……いっぱい光ちゃんを独り占めしたいの……」
  拗ねた様に唇を尖らせ、身体を擦り付ける亜希。
  嫌なはずが無い。断じて無い。
  日焼けして小麦色した彼女の裸体を想像し、興奮で胸が高鳴る。
  亜希は、蕩けている様な目で俺を見詰め、「ねっ…早く行こう……」と甘い声で囁き、俺の手を引っ張った。
  熱い鼻息を噴き出しながら、促されるまま脱衣所へと向かった。
  脱衣所に行くと、亜希は、脱ぐところを見られるのは恥ずかしいからと、一旦脱衣所の外に出た。
  どうせ中に入れば全裸なのにと思ったが、俺自身、手に負えないほどガチンガチンに膨張した男根を、亜希の目の前で剥き出しにするのも気が引けていたので、ちょうど良かった。
  湯舟に入り、亜希が来るのを待った。
  五月の爽やかな風が吹き抜けていく。興奮し、ほてる顔に気持ち良かった。
  扉の開く音が聞こえ、バスタオルを身体に巻いた亜希が姿を現した。
  生唾を飲み込んだ喉が、ゴクリと音を立てる。
  亜希は、身体をくねらせ、なまめかしい笑みを浮かべ、「光ちゃん、見て……」と言って、バスタオルを剥ぎ取った。
  陽光が差し込む明るい野外で、彼女の全裸姿があらわになった。
  鼻から噴き出す鼻息の勢いがハンパ無かった。
  小麦色の肌に、ビキニの日焼け跡が真っ白に残る亜希の身体。
  水着の日焼け跡がクッキリと残る裸の女体。それこそ、大好物。夢のご馳走だった。
  頭に血が上り、著しい興奮で苦しい程息が弾む。
  股間のハッピーボーイが、凄まじい勢いで反っくり返り、スターウォーズのライトサーベルの様に、「ブゥィーン!ブゥィーン!」と、けたたましい唸りを上げていた。
  目を剥いて、亜希の裸体に視線が釘付けになる。
「どう?光ちゃん…綺麗に焼けてるでしょう……」
  亜希がそう言って身体をくねらせながら、背中を向けた。
  小麦色の背中に、真っ白なお尻が、浮き立って見える。
  どうもこうも無い程に興奮し、鼻息で身体が浮くんじゃないかと思う程、「ムヒー!ムッヒー!」と勢い良く噴き出した。
  再び振り返って亜希が正面に向き直った。
  彼女の美巨乳がぷるるんと揺れ動き、脳天を直撃する。
  亜希は、挑発的な笑みを浮かべて「どう?光ちゃん……気に入った?」と言って、官能的なポーズを取る。
  気に入るも、へったくれも無かった。鼻血が噴き出すかと思う程の興奮。何度も生唾を飲み込む口から、よだれが溢れ出そうだった。
  俺の異様な興奮ぶりに、彼女は可笑しそうな笑い声を上げ、湯舟へと歩み寄る。
  歩く度に、見事な乳房が、ぷるるん、ぷるるんと揺れるもんだから堪らない。
  彼女が湯舟に入る。浴場で身体がほてる以上に、欲情で頭が上せそうだった。



次のページへ続く
[ 2019/01/18 07:02 ]  第13章 快楽の夜 | TB(-) | CM(0)

60 第13章 快楽の夜 3

  亜希が身体を密着させる。ヒンヤリとした肉体の感触が堪らない。
  乳房を揉みしだき、燃える股間を押し付ける。
  口が、舌が、手が、腰が、女体の肉欲を求めて動きまわる。
「もう、光ちゃんたら…そんなに焦らないで……」
  窘める様な口調で言うが、その目は笑っている。
  亜希は、鼻息を荒げ異様に興奮している俺の耳元で、「ねぇ光ちゃん……日焼けマットっとこ行こ……」と囁いた。
  日焼けマットとは、すなわちローションマットだった。
 瑠依とアナルファックで戯れたあのローションマット。
  俺は返事する代わりにことさら荒い鼻息を「ムヒーッ!」と噴き出した。
  しかし、湯の中で股間は物凄い事になっている。
  とてもじゃないが、手で覆い隠し切れる状態では無い。今、おとなしく萎えさせるなんて事は、宝くじを当てるよりも難しい。
  しかし、亜希に、「ねぇ、早く…マット行こ」と急かされたら、恥ずかしいなどと言ってる場合では無い。
  俺は恥ずかしさも忘れ、「ブゥオン!ブゥオン!」と、唸りを上げる股間のライトサーベルを「ビタン!ビタン!」と振りまわしながら、マットへ移動した。
  マットに横たわると、すぐに亜希も横たわり、濡れた身体が密着した。その感触が、また気持ち良い。
  彼女が、「もう、光ちゃん物凄い事になってる」と言いながら、唸るライトサーベルを握り締めた。
  堪らない快感に、腰が浮き、腹筋に力が入る。思わず「ひゃぁはぁっ……」と情けない声が漏れる。
  それを聞いた亜希は、ことさらニンマリと笑みを浮かべ、「光ちゃんたらエッチねぇ……感じちゃうの?……」と言って、握った肉棒を振りまわした。
  まさにスターウォーズの再現かと思う程、ライトサーベルが、ブォンブォン唸りを上げる。
  楽しそうにクスクス笑いしながら、亜希は、濡れた俺の胸に舌を這いまわし、握った肉棒を擦り出した。
  快感が駆けずり回り、堪らず、「はぁぅあっ……」と、声を上げてのけ反り、息が詰まる。
  青空の下、まさにエロビデオさながらの痴態。ゾクゾクする興奮。
  彼女の手で握り締められ、ビンビンと小躍りしている肉棒。乳首を舐められ、濡れた乳房が擦り付く。恥ずかしさも消し飛び、押し寄せる快感に酔い痴れた。
  亜希は、いかにも楽しそうに笑いながら、レロレロと舌を動かし、おったった乳首を舐めまわす。
  もがく様に身体をくねらせ、歓喜の呻き声が止まらない。
「あうっ……はぁあっ……はひっ……」
  亜希が身体を下にずらし、俺の股ぐらに身体を押し入れ、俺の脚を両手で開いた。
  彼女は肉棒を握り締めたまま、おへそから下腹まわりを舐めまわす。
  一気に握り締めてるご本陣を責め立てて欲しかったか、亜希は俺を焦らすつもりか、外堀からゆっくりと責め立ててくる。
  太股に内股に、彼女の乳房がブニョン、ボニョンと押し付き、舐められる快感に腰が痺れる。
  青空を見上げながら、「はぁあっ……あかぁっ……はぁうぅっ……」と、恥ずかしい声が止まらなかった。
  亜希は「感じちゃうの?光ちゃん……もう、エッチなんだから……」と言って笑った。
  そして、ニンマリと挑発的な表情を浮かべ、いよいよ肉棒を口でくわえた。



次のページへ続く
[ 2019/01/25 00:22 ]  第13章 快楽の夜 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

AngelPussy

Author:AngelPussy
 男が勃起する事を目指して官能小説を書いております。

訪問者数
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
Hey動画見放題プランで観ています
私ことこのサイトの管理人は、このHey動画月額見放題プランで、無修正動画を見放題しております。
管理人がお勧めする訳 
その1
作品本数は20,000本以上
 私が好きなのはAV女優系の若くて可愛い娘の作品。AV女優系は、無修正動画の王道を行く王者「カビリアンコム」に「一本道」、「HEYZO」と、これ以上望めない一流サイトの作品が見放題なのだから、言う事無し。  試し見してみたい人妻熟女や素人も、超一流サイトの本格作品が見放題で試し見出来るのも最高。期待しないで掘り出し物を見つけると、新鮮でやたらと興奮できるのが堪らない。
管理人がお勧めする訳 
その2
スマホ、タブレット対応 ストリーミング再生
 ストリーミング再生だから、すぐに観られてダウンロード要らず。パソコンは勿論、スマホでも、タブレットでも観れるから、トイレでもベッドでも車でも、いつでもどこでも24時間、好きな時間にどこでも無修正動画が見放題。
管理人がお勧めする訳 
その3
低価格で見放題
 価格は月々14.99$~。レートにもよるけれど、大体1600円~1700円くらい。VIP作品も全て観られるプレミアム会員でも月々19.99$は2100円ちょっと。この低価格で24時間、いつでもどこでも無修正動画が見放題だから大満足。
だから私は、このHey動画月額見放題プランで無修正動画を楽しんでおります。
サイト入り口はこちら
管理人によるサイトの詳細分析はこちら
スマホの方はこちら
10円動画
10円動画 素人
大人の玩具
アダルト写真集雑誌
美少女ノベル官能小説
アダルトPCゲーム
アダルトコミック
同人誌ダウンロード
アダルトブログランキング