FC2ブログ
読者が勃起する事を目指し、官能小説を書いております。

53 第11章 合同コンパ 6

  薬用酒の効き目は、驚異的だった。ものの5分も経たないうちに、身体がカッカと熱くなってきた。心臓はバクバクと鼓動が早まり、顔が異様にほてる。
  額に汗が滲み、おしぼりで拭き取るが、またすぐに玉の汗が滲み出す。
  真っ赤な顔をして汗ばむ俺の事を、チラ見する女性陣が、ドン引きしているのが、黙っていても分かった。
  元気になったのは身体だけでは無かった。意図せずとも鼻息が荒くなり、股間はジンジンと疼き、燃える様に熱い。
  だらーんとうなだれて、おとなしく寝ていた股間のやんちゃ坊主が、ムクムクと膨らんで起き出した。
  ほとんど反応の無かった筈の性欲メーターが、ぐんぐんと上昇を始める。
  そんなこんなしている時に、瑠依からの着信が有った。
  コンパの喧騒を避け、場を離れて電話を受けた。
「もしもし、光一です」
「あっ、光ちゃん…楽しんでる?」
  俺は、言葉を濁して「はい」とだけ返事した。
「光ちゃん、盛り上がってるとこ悪いんだけど、今夜は遅くなりそう?」
  何か有ったのかと、心配になった。
  瑠依の申し訳なさそうな声が続いた。
「亜希からメールが来てね、今夜帰れなくなったって言うのよ……私も帰れそれに無いし……」
「それじゃあ、奈美ちゃん独りで……」
「そうなのよ……光ちゃんは?」
  瑠依の困り果てた顔が目に浮かぶ。
「もう少しで終わります……2次会行かずに帰りますから」
  瑠依の安堵するため息が聞こえた。
「悪いわね、光ちゃん……せっかく楽しんでるのに……」
「いいや、大丈夫ですよ……終わったらすぐに帰りますから」
  俺は、瑠依に早い帰宅を約束し、電話を切った。
  コンパの席に戻ったが、噴き出す汗は引かず、シャツを脱いだ。
  正直言って、もうコンパどころでは無かった。薬用酒の効き目は凄まじく、ムラムラ、ムラムラと欲情が止まらない。
  店員が、「もんの凄く元気になりますよ」と言って、ニヤニヤと意味深な笑いを浮かべていた理由が分かった。
  元気ハツラツと力が漲る股間。性欲が高まるほど、淫らな妄想が脳裏に浮かぶ。
  目の前で、女子がウィンナーを頬張れば、フェラチオを連想し、冷や奴がプルンと揺れただけで、揺れる豊乳を思い出す。赤貝のお刺身にいたっては、指で開いたお〇んこに見えてくるから始末が悪い。
  真っ赤な顔で鼻息を荒げる俺は、誰が見ても「お持ち帰りに命懸けの男ナンバーワン」に見えているに違い無い。
  女性陣からは、露骨に気持ち悪がられ、いたたまれない気持ちが募る。
  そんな最中に、奈美からメールが届いた。
「奈美独りだけなの。お兄ちゃん、早く帰って来て。お願いだから、早く帰って来て」
  いつもは、数え切れ無いほどのハートの絵文字で埋め尽くされているのに、絵文字ひとつ無いメールが、胸をキュンキュン締め付けた。
(奈美ちゃん独りだけ…瑠依さんも、亜希ちゃんも居ない……)
  今すぐにでも飛んで帰り、パンツを脱いで、いきり立つやんちゃ坊主を奈美の挿入口に捩込み、ズッコンバッコン、ズッコンバッコンしたくてしたくて堪らない。
  性欲メーターは、加速をつけてグングンと跳ね上がり、股間は「元気ですかー!元気ですかー!」と、叫びを上げてジンジンと疼き捲っていた。
  ようやく、「そろそろ切り上げてカラオケ行きましょう」と声が上がった。
  もちろん、俺はカラオケのマイクを握るより、股間のマイクを奈美に握って貰いたくてしかたがないから、「俺は、都合悪いから、これで帰るわ……」と打ち合けた。
  それを聞いた都築と吉田は、鬼の形相で「何言ってんだ光一、シラけた事言うんじゃねぇ」と、つかみ掛からんばかりに凄んだ。
  あまりの剣幕にたじろぐが、歌声を聞くより、喘ぎ声が聞きたい俺も後には引けない。
  どうにかこの場を去りたいと思っている時、二人の女子が、「ごめんなさい、私達はこれで……」と言って席を立った。
  需要と供給のバランスが崩れ、男が一人多くなったとたん、吉田も都築も、埴輪の様な穏やかな顔付きに変わり、「それじゃあ光一、またな……」と言って、にこやかに笑った。
  二次会へ向かう一団と別れ、俺は居酒屋を出て自宅へ急いだ。
  そこまで急ぐ必要も無いのに、気持ちが逸って小走りになる。
(奈美ちゃん独り……誰も居ない……もにょもにょして…レロレロ…チューチューして……)
  頭の中は、淫らな妄想で溢れ返っていた。性欲メーターは完全に振り切れ、ムラムラした欲情で沸き返る。
  やたらと元気な股間の張り切りボーイが、邪魔な事この上なかったが、鼻息を無性に荒げながら、家路を急いだ。


次のページへ続く
スポンサーサイト
[PR]

[ 2018/12/07 07:08 ]  第11章 合同コンパ | TB(-) | CM(0)

54 第12章 パイパン奈美 1




第12章 パイパン奈美



  離れの玄関先で、奈美が独り、立って待っていた。
  俺が声を掛ける前に、気が付いた奈美が駆け寄り、抱き着いてきた。
「ただいま、奈美ちゃん」
「待ってたんだよ、お兄ちゃん……」
  奈美の方から、キスをしてきた。
  胸がキュンキュン高鳴り、このまま押し倒して今すぐにでもエッチしたい衝動に駆られるが、奈美が、「いゃん、お兄ちゃん、ちょっと臭いよ……」と言って顔をしかめた。
  強力な薬用酒を飲み、尋常で無い発汗があったからか、臭いと言われては、いたしかたない。
  俺は、「ごめんね、奈美ちゃん。すぐにシャワー浴びるね」と言って、苦笑いを浮かべるしか無かった。
  玄関の鍵を開け、中に入ると、「シャワー浴びちゃうから、テレビでも見てて……」と言いながら、照明を点けた。
  奈美は、コクリと小さく頷き、ソファーに腰を下ろした。
  俺は脱衣所に駆け込み、急いで服を脱ぎ捨て、浴室に飛び込んだ。
  興奮も欲情もおさまらず、やたらに荒い息遣いでシャワーを浴びる。
  股間のハッスルボーイは、シャワーのお湯を弾き返さんばかりの勢いでそそり立ち、脈打ちながら雄叫びを上げている。
  逸る気持ちを抑え、「ムフー!…ムッフー!…」と鼻息を噴き出しながら、急いで身体を洗う。
  反動で身体が揺れ、男根が「ビタン!ビタン!」と、右へ左へ暴れまわる。
  その男根は、特に念入りに洗浄する。自分の手が擦り上げ、気持ち良さに、思わず「あふぅ~……」と、ため息を漏らす。
  シャワーを浴びながら、歯磨きも済ませた。
  バスタオルを腰に巻き、ハッスルボーイを覆い隠すが、すこぶる立派なテントを作り上げ、いくらなんでもこのまま奈美の前に出て行くのは露骨過ぎる。
  汗の引き切らない身体に、シャツとパンツを身につけ、脱衣所の扉を開けた。
  照明は薄暗く落とされ、奈美はベッドの中に横たわっていた。
  ベッドの脇に、彼女の着ていた服が綺麗にたたまれ、奈美が裸なのが分かる。
  その官能的な状況に、思わず生唾を飲み込み、鼻息が「バァフー!」と噴き出した。
「お兄ちゃん、早く来て……奈美のとこに来て……」
  薄暗い中、呼ばれるままに、ベッドへと歩み寄った。
  奈美は、覆いかぶさる肌掛けから手を伸ばし、パンツの膨らみに触れる。
「もうお兄ちゃん、こんなになって……エッチなんだから……」
  俺は、生唾を飲み込みながら、苦笑いを浮かべるしか無かった。
「来て……お兄ちゃん……早く来て……」
  奈美にねだられるまま、ベッドの中に潜り込んだ。
  裸の素肌が触れ、ゾクゾクと興奮が込み上げる。
  奈美の瞳が、俺の眼をじっと見詰める。
「お兄ちゃん…女の人とチューしなかった?……」
「チューなんかしてないよ……」
「ほんとに?……」
  俺は微笑みを浮かべて頷いた。
  奈美は、にこやかに微笑むと、「じゃあ、奈美にチューして……」と言って、口をすぼめて目を閉じた。
  その言い方も、表情も、どれもこれもが、どうにもこうにも可愛くて可愛くて堪らない。
  吸い寄せられる様に、彼女の唇に唇を重ねた。
「チュッ…チューッ…チュッチューッ…ムチューッ…」
  心地好い奈美の唇の感触。うっとりとした彼女の瞳。
「あふっ……お兄ちゃん……」
  奈美が漏らす甘い吐息と、興奮で荒ぐ俺の鼻息が交差する。
「お兄ちゃん、エッチな事してこなかった?……」
「そんな事してないよ……」
  俺がそう返事すると、奈美は俺の手を掴み、自分の乳房に押し付けた。
「それじゃあ、奈美にエッチして……」
  鼻息を勢い良く噴き出し、弾力の強い乳房を揉みしだいた。
  燃え上がる欲情に、ガソリンが注がれ、火柱を上げて大炎上する。
  雄叫びを上げ続けている股間のハッスルボーイが、出番はまだかとばかりに、パンツを突き破りそうな勢いで暴れている。
「お兄ちゃん、いっぱいエッチして……奈美にいっぱいエッチな事して……」
  奈美にせがまれては、欲情に歯止めなど効かない。
  俺は、「ムッフー!ムッフー!」と、熱い鼻息を噴きながら、荒々しくシャツを脱ぎ捨て、パンツを引きずり下ろした。
  肌掛けを邪険にめくり上げ、パンツ一枚だけの奈美の裸体に抱き着く。
  乳房をグニュグニュと揉みくちゃにしながら、一際弾力の強い乳首を、クニュクニュッと指で摘んでぐねり、もう片方の乳首にしゃぶりついた。
「はふっ…お兄ちゃん……あふっ……」
  奈美が甘い吐息を漏らしながら、気持ち良さそうに身をくねらせる。
  乳首と乳輪をベロンベロン舐めまわし、乳首をチュッパッチュッパッ吸って、ブチュブチュしゃぶりついた。
「あっ!…お兄ちゃん…あぁあっ!…あっ!あっ!……」
  喘ぎ声を上げながら、彼女の身体が「ビクンッ!…ビクンッ!……」と敏感に反応して震える。
  その身体を、手の平が滑り降りていく。スベスベとした肌触りがなんとも心地好い。お腹からおヘソを経由し、目的地のパンツに辿り着いた。



次のページへ続く
[ 2018/12/14 07:09 ]  第12章 パイパン奈美 | TB(-) | CM(0)

55 第12章 パイパン奈美 2

  パンツの中に手を押し込むと、ツルンツルンの下腹の感触が、堪らないほど気持ち良い。
  乳首を吸いながら、鼻息が勢い良く噴き出す。
  指が下腹をまさぐりながら、最終目的地を目指し、奥へ奥へと突き進む。
  指先が、アソコの割れ目に触れた時、「ん?……」と違和感を覚えた。
  もう一度、指をまさぐらせるが、指先には、ツルンツルンの下腹と、割れ目の感触しか無い。
  あるべき筈の、ジョリジョリとした陰毛の感触が全く無かった。
  指先の動きが止まり、思わず乳首から口を離した。
  奈美、恥ずかしそうに、目を伏し目がちにしながら、「奈美のアソコ、すごく毛深いから、少しきれいにしようとしたの……そしたら失敗しちゃって……だから全部無くしちゃったの……」と言って、顔をしかめた。
(奈美のお〇んこ!……ツルンツルンのパイパンお〇んこ!……)
  どうしようも無い好奇心につき動かされ、身体を起こすと、奈美のパンツに両手をかけ、生唾を飲み込み、ズリッとパンツを引きずり下ろした。
  透き通る様な、白いツルンツルンの下腹に、クッキリとアソコの深い割れ目。
  異様な興奮が突き上げ、彼女の股ぐらに身体を捩込み、両手で彼女の脚を大きく開いた。
  無毛地帯に、彼女のお〇んこがパックリと口を開く。
  薄い毛に覆われた、奈美の毛むくじゃらお〇んこも、生々しいいやらしさがあって好きだったが、目の前に剥き出しになったパイパンお〇んこも、奈美に似合ってこの上なく可愛い。
  我慢など出来る筈も無く、彼女の股ぐらに顔を埋めた。
  無毛地帯に顔を擦り付ける。スベスベでツルンツルンの感触が、堪らなく気持ち良い。
  尋常じゃない鼻息を噴きながら、奈美のお〇んこを舐め繰り回す。
「はぁあん…お兄ちゃん……あっ!あぁあん……」
  くねる腰を両手で掴み、ビラビラをブチュブチュしゃぶり、クリトリスをベロンベロンと舐め上げる。
  奈美の身体が「ビクンッ!…ビクンッ!…」と大きく波打ち、身悶えながら、喘ぎ声を上げる。
「あぁあっ!あっ!…あっ!あっ!…お兄ちゃん…あっ!はぁっ!」
  彼女の腰を持ち上げ、お〇んこにしゃぶりつく。欲情と興奮が止まら無い。淫乱汁が溢れ出す蜜壺の中に舌を押し込み、クリトリスを鼻でグリグリと擦り回した。
  口元から頬まで、ヌルヌルの液でビチョビチョに濡れてるのもお構いなしに、手当たり次第に狂った様に舐め回した。
  お〇んこに吸い付きながら、さらにお尻を持ち上げる。まんぐり返しの体勢で、奈美の身体が丸まる。
「お兄ちゃん!…苦しい…苦しいよ!……」
  奈美が苦しげに訴えながら、身をもがいた。
  持ち上げていた彼女の腰を下ろす。
  息を荒げる彼女の身体を、俯せに裏返した。
  腰を持ち上げ、お尻を突き上げさせると、再びお〇んこに顔を埋め、ベロンベロンと舐めまわす。
「はぁあん…あっ!お兄ちゃん!…あっ!あっ!」
  喘ぎ声を上げ、大きく身体を震わせる。
  舌を「ぬべ~っ」と伸ばし、お〇んこを下から「べろ~ん」と、尻の割れ目まで舐め上げた。
  舌先が尻の穴に届くと、奈美の腰が大きく弾んだ。
「あっ!お兄ちゃん!そこはお尻だよ!」
  イヤイヤするそぶりに、俺のSっけが目を覚ました。
  俺は、奈美の小さなお尻を両手で掴み、尻の割れ目をグイっと拡げて、ヒクヒクとする尻の穴を舐めまわした。
「あきゃあっ!お兄ちゃん!そこ、お尻!…お尻だってば!…はぁあっ!……」
  腰をくねらせ、その腰を引こうとするが、一度火が点いた「Sっけ」は猛り狂った様に燃え盛り、ブチュブチュ音を立て、奈美の尻の穴を舐め捲る。
「あきゃっ!ダメッ!ダメだってば!…お兄ちゃん!お尻いやだ!…はきゃっ!…あっ!…」
  尻の肉がブルブルと震え、肛門が「ギュッ!…ギュッ!…」と締まるのが、舌先に伝わってくる。
  よだれが奈美の太股を滴り落ちていく。
  ひたすら舐め続け、息も苦しくなった俺は、「ビクンッ!…ビクビクンッ!…」と震える奈美のお尻から、ようやっと口を離した。
  恍惚とした奈美が、「お兄ちゃん、もう来て…奈美我慢出来ない……もう、して…早く入れて……」と言って、息を弾ませていた。
  我慢出来ないのは、股間のハッスルボーイも同じだった。
  力一杯ファイティングポーズをとって硬直したまま、ずっとほったらかしにされていたハッスルボーイは、痛い程「ジーン!ジーン!」と、唸りを上げて、今や遅しと出番を待ち望んでいる。
  背中に汗を滴らせ、息を「ゼー!ヒー!ゼー!ヒー!」弾ませながら、我慢汁を垂れ流し、やたら元気にはしゃいでいるハッスルボーイに、スキンを被せた。
  お尻を突き上げ、突っ伏したまま、喘ぐ様な息遣いで、彼女の身体が大きく揺れている。
  彼女の腰を掴み、膝立ちして、彼女の挿入口に亀頭をあてがうと、勢い良く鼻息を噴き出しながら、腰を「グイッ!」と、突き出した。



次のページへ続く
[ 2018/12/21 00:07 ]  第12章 パイパン奈美 | TB(-) | CM(0)

56 第12章 パイパン奈美 3

  男根は、エッチなトンネルの中を、一気に潜り込んでいく。
  奈美は、「はきゃっ!」と悲鳴の様な声を上げると、のけ反りながら、両手を突っ張り、四つん這いになった。
  肉棒を根元までくわえ込んだお〇んこから、エッチな汁がダラダラと溢れ出す。
  奈美の腰を掴み、夢中で腰を動かした。
  いきり立つ肉棒が、猛スピードで出たり入ったりを繰り返し、蜜が溢れる肉壺の中を、無茶苦茶にほじくり返す。
「はあっ!…あっ!あっ!…お兄ちゃん!…あっ!ひきゃっ!……」
  興奮と漲る欲情で野獣と化した俺は、理性も思考も吹き飛び、快楽を求め、ひたすら突き刺した肉棒でエッチなトンネル内を、捏ねくり、掻き混ぜ、ほじくり返した。
「あぁあっあっ!…奈美ちゃん!…奈美ちゃん!…はあっあっ!……」
  猛烈な勢いで、出たり入ったりを繰り返す肉棒。ビチョビチョの肉襞がほじくりまわされ、「グプグプッ!…グヂュッ!…ブボッ!ブプッ!……」と、卑猥な音を上げて汁を溢れ出す肉壺。
「はあっあっ!…お兄ちゃん!…あきゃっあっ!…ひっ!…あっ!あっ!あっ!……」
  掴んだ奈美の腰を力任せに引きながら、強く腰を突き出す。奈美のお尻が下腹とぶつかり、「パン!パン!パン!」と激しい音を上げ、お〇んこ汁が弾け飛ぶ。
  弾みで小さなお尻の肉が、ブルブルと揺れ、やたらめったらにいやらしい。
「あきゃっ!…おっ!おにぃちゃ!…こわれ!ちゃう!…お兄ちゃん!こっ!こわれちゃ!うよっ!」
  勢いがつき過ぎ、トンネルから肉棒が抜け、反っくり返って下腹を「バチィーン!」と叩きつけた。
  その勢いで、お〇んこ汁が弾き飛び、ビチャビチャと、胸元まで飛び散った。
  奈美が、「はひっ!」と声を上げのけ反り、「ビクンッ!」と大きく身体を弾ませた。
  野獣化した欲情は止まらない。喘ぐ様な荒い息遣いを繰り返しながら、お〇んこ汁を滴らす、ヌルンヌルンの肉棒を握り締め、奈美の挿入口に再び押し込んだ。
  一気に根元まで突き刺すと、抜け無い様に、奈美の腰を引き寄せながら、腰を下ろした。跨がる奈美が、俺の伸ばした太股を掴み、「いゃあん…お兄ちゃん、恥ずかしい……」と言いながら腰を上下に振り始めた。
  肉棒をくわえ込んだビチョビチョの肉壺が、「ピチュッ…ピチャピチャ…ピチャピチャ」と、いやらしい音を掻き鳴らし、お〇んこ汁が滴り落ちる。
「あぁん…お兄ちゃんのエッチ…あっあん……」
  気持ち良さそうな甘い吐息を吐きながら、嫌らしく腰を振る奈美。
  白濁したお〇んこ汁が、あぶくを噴いてベッチョリとこびりつく肉棒が、目の前で奈美のお〇んこに出入りし、剥き出しになったお尻の穴が、ヒクヒクと締まったり緩んだりしながら、上下する、堪らなくいやらしい光景に、無性に興奮が駆り立てられる。
「はあっ!お兄ちゃん!…はあっ!はあっあっ!……」
  奈美は一旦腰の動きを止めると、その腰を浮かせ、肉棒が抜けない様にしながら、身体をひねり、俺の正面に向きを変えた。
  纏わり付く肉襞でねじくられ、雁首に強烈な刺激が走り、思わず「はうっ!」と、呻き声を上げた。
  目の前に剥き出しになる、奈美の可愛くて美しい乳房。俺は、ためらいも無く、その乳房にむしゃぶりついた。
  乳首に吸い付き、汗まみれの顔を、乳房に押し付け、グニョグニョと擦り付けた。
  堪らなく気持ち良い、夢心地の感触に、歓喜のため息が止まらない。
「はぁあん…お兄ちゃん……あっ!あふん!……」
  奈美の身体が敏感に反応し、「ビクンッ!…ビクンッ!…」と大きく弾む。
  俺は、彼女の身体を抱き寄せながら、後ろに倒れ込んで横たわった。



次のページへ続く
[ 2018/12/28 00:10 ]  第12章 パイパン奈美 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

AngelPussy

Author:AngelPussy
 男が勃起する事を目指して官能小説を書いております。

訪問者数
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
Hey動画見放題プランで観ています
私ことこのサイトの管理人は、このHey動画月額見放題プランで、無修正動画を見放題しております。
管理人がお勧めする訳 
その1
作品本数は20,000本以上
 私が好きなのはAV女優系の若くて可愛い娘の作品。AV女優系は、無修正動画の王道を行く王者「カビリアンコム」に「一本道」、「HEYZO」と、これ以上望めない一流サイトの作品が見放題なのだから、言う事無し。  試し見してみたい人妻熟女や素人も、超一流サイトの本格作品が見放題で試し見出来るのも最高。期待しないで掘り出し物を見つけると、新鮮でやたらと興奮できるのが堪らない。
管理人がお勧めする訳 
その2
スマホ、タブレット対応 ストリーミング再生
 ストリーミング再生だから、すぐに観られてダウンロード要らず。パソコンは勿論、スマホでも、タブレットでも観れるから、トイレでもベッドでも車でも、いつでもどこでも24時間、好きな時間にどこでも無修正動画が見放題。
管理人がお勧めする訳 
その3
低価格で見放題
 価格は月々14.99$~。レートにもよるけれど、大体1600円~1700円くらい。VIP作品も全て観られるプレミアム会員でも月々19.99$は2100円ちょっと。この低価格で24時間、いつでもどこでも無修正動画が見放題だから大満足。
だから私は、このHey動画月額見放題プランで無修正動画を楽しんでおります。
サイト入り口はこちら
管理人によるサイトの詳細分析はこちら
スマホの方はこちら
10円動画
10円動画 素人
大人の玩具
アダルト写真集雑誌
美少女ノベル官能小説
アダルトPCゲーム
アダルトコミック
同人誌ダウンロード
アダルトブログランキング