FC2ブログ
読者が勃起する事を目指し、官能小説を書いております。

44 第10章アナルセックス 2

  透き通る様な白い肌。完璧なボディラインに、美し過ぎる乳房と、綺麗に処理されたお〇んこの毛が、ハッキリと目に飛び込んだ。
「バフン!」と鼻息が噴き出した。
  彼女が湯舟に浸かった。にこやかに微笑む彼女。恥ずかしさと緊張で、まともに目を合わせられなかった。
「どうしたの?光ちゃん…緊張してるの?……」
「あっ…いゃ…そんな……」
  無理に笑おうとしたが、引き攣っているのが自分でも分かった。
  女性と初めての混浴。それもこんな真昼間に。ドキドキが止まら無かった。
「恥ずかしがり屋さんね……光ちゃん、大きくなっちゃってるんでしょう……」
  彼女は、そう言って笑った。
  俺は返事も出来ずに、耳まで真っ赤になっていた。
  彼女は、「大丈夫よ、光ちゃん……わかってるから……」と言いながら、唇を重ねてきた。
「チュッ…チュッ…」と音を立てて接吻。段々と気分が高まっていくに連れ、「チュ~…ムチュ~…ブチュ~…」と、熱が篭っていく。
  俺も瑠依も鼻息が荒くなり、やがて猛烈に濃厚なディープキス。舌を舐め合い、絡め合う。
  彼女の目が、トロ~ンと蕩けている。
  俺の暴れん坊は、背筋をピーンと伸ばして起立している。
  その時、彼女が、「ごめんね、光ちゃん…あたし、オ○ッコしたくなっちゃった……」と言った。
  湯舟から出かけた瑠依が、意味深な微笑みを浮かべ、「光ちゃん……、オ○ッコしてるとこ見たい?」と言ってきた。
  AVに良く有るオ○ッコシーン。俺は生唾を飲み込み、「ガフー!」と鼻息を噴き出した。
  しかし、彼女は口元をニヤつかせながら、「冗談よ、光ちゃん……そんなとこ見たく無いでしょう……」と言って、立ち上がろうとした。
  俺は、咄嗟に彼女の腕を掴んでいた。
「やだ、光ちゃん……オ○ッコしてるとこ見たいの?……」
  俺は返事をしなかったが、掴んだ手も放さなかった。
「光ちゃん、だめよ…ほんとオ○ッコ漏れちゃうわよ」
  彼女がモジモジと身体をくねらせた。
「いゃあん、光ちゃん……トイレ、間に合わなくなっちゃうじゃない……」
  いつも彼女に言われるまま従う俺が、なぜか手を放そうとはしなかった。好奇心と興奮が沸き上がる。
「あぁん…だめよ…ほんと漏れちゃうじゃない…意地悪しないで……」
  瑠依の身体が大きくくねる。尿意を我慢する表情が歪む。
「あぁん!もうダメ!…見せてあげるから、光ちゃん、手を放して!」
  彼女が立ち上がろうとするのに合わせ、俺は掴んでいる手を放した。
  瑠依は湯舟から出ると、少し離れて振り返り、腰を落とすと、M字開脚の格好になった。
  鼻息を「バフン!バフン!」鳴らしながら、熱い視線を向ける。
  パックリと開いたお〇んこから、噴水の様にオ○ッコが「ジョジョジョ~!」と噴き出した。
「あぁん!光ちゃんのエッチ…もう意地悪なんだから~……」
  さすがに瑠依も、顔を赤らめ、伏し目がちに顔を俯けている。
  物凄い勢いでオ○ッコを噴き出すお〇んこに、視線は釘付けになった。もちろん、生まれて初めての生オ○ッコショーに、興奮と欲情が燃え上がる。
  身体を震わせ、オ○ッコを終えた彼女は、拗ねた様な顔で俺を一瞥すると、風呂桶でお湯を何度も流し、黙って洗い場に行った。彼女が、オ○ッコした後のお〇んこを、石鹸で丁寧に洗っている。
(怒らせちゃったかな……)
  不安が過ぎるが、興奮は冷めず、ドキドキは止まら無かった。
  股間の泡をシャワーで流した彼女が、湯舟に戻って来た。
  彼女は、身体を屈めると、「あんな恥ずかしい真似させて、意地悪なんだから……」と言って睨んだ。
  怒っているかと思ったが、瑠依は、ニヤリと笑いを浮かべた。
「出て、光ちゃん」
  彼女に言われるまま、素直に湯舟から上がった。
「マットに行って……仰向けに寝るの……」
  俺は、「はい」と返事して、言われた通りに、マットに横たわり、仰向けになった。
  姉妹が買い求めた、この耐水性のマットは、セミダブル程の大きさが有った。
  見上げる空は鈍よりと曇ったまま、日差しが差し込む気配も無い。
  股間を両手で隠したまま、不安と期待が交差する。
(何をされるんだろう……)
  興奮と緊張が交じり合い、鼻息も、胸の鼓動も荒れていた。
  長湯してほてる身体から、汗が滴り落ちる。
  瑠依が、「なんで隠してるの?私にあんな恥ずかしい真似させておいて、自分だけ恥ずかしがって……その手をどかすのよ……」と言いながら、ニヤニヤと笑った。
  こんな明るい真昼間に、勃起した男根をさらけ出す。恥ずかしさと共に、マゾっけに火が点き、ゾクゾクと興奮しながら、股間を覆った両手をどけた。



次のページへ続く

スポンサーサイト
[PR]

[ 2018/10/05 06:59 ]  第10章 アナルセックス | TB(-) | CM(0)

45 第10章 アナルセックス 3

「お仕置きよ、脚を開いて……大きく開くのよ……」
  汗が溜まって濡れたマットの上を、「チャプッ…」と音をさせながら、脚を開いた。
「真昼間っからこんなに大きくさせちゃって…エッチな子ね……」
  瑠依がニンマリとしながら、勃起した俺の男根の前に屈み込む。
  剥き出しの男根をまじまじと凝視され、沸き上がる羞恥心。顔を真っ赤にさせながらも、ゾクゾクする興奮が突き上げる。
  瑠依が手を伸ばし、男根をこねる様に弄びだした。
  快感が走り、無意識に腰が浮く。溜まった汗が尻の下に流れ込み、チャプチャプ音を立てた。
  瑠依が男根の根元を握り、ブンブンと振り回す。ビンビンと伝わる震動が気持ち良く、堪え切れずに「はぁあぁっ……」と声が漏れた。
「いやらしい子ね……光ちゃん、ドスケベなんだから……」
  散々いじくり回した男根を放し、瑠依は立ち上がると、俺の顔の上に跨がった。
  下から見上げる彼女の美しい裸体。
  彼女は、「ここが見たいんでしょう、光ちゃん……ほら、見せてあげるわよ……」と言って腰を落とした。
  放水ショーと同じくM字開脚をして、俺の頭を両手で持ち上げた。
  目の前に、瑠依のお〇んこが、パックリと口を開く。
  頭は爆発し、思考は完全に停止した。
  陰毛の毛穴、黒ずむビラビラのシワ、パクパクと開閉するお〇んこの穴、シットリと濡れるピンク色の肉襞。すべてがクッキリと鮮明に見える。
  洗いたてのお〇んこは、石鹸の良い香りがしていた。
  鼻息が「ムフー!バフー!」と噴き出し、お〇んこの毛を、なびかせる。
  瑠依は、持ち上げた俺の頭を更に引き寄せ、俺の顔に、お〇んこをグイグイと押し付け、グリグリと擦り付けてくる。
「光ちゃん、舐めて…はぁあん…舐めて…舐めて、舐めて」
  性欲が爆発した。「フガ!フガ!フンガ!」と無性に息を荒げ、お〇んこにむしゃぶりついた。
  レロレロと舌でお〇んこを舐めまわし、「ムチュ~!ムチュ~!」と吸い付き、「ブジュ!ブジュ~!」とビラビラをしゃぶり、クリトリスをベロンベロンと舐め上げる。
「あぁん…光ちゃん…もっとよ…はぁあん気持ち良い…もっと舐めて…もっと、もっと……」
  一心不乱に、お〇んこをしゃぶり、舐め上げ、夢中で舐めまわした。
「はぁあん…光ちゃん、上手よ…あぁん、気持ち良い……」
  瑠依の腰がいやらしくくねり、お〇んこから「クチュ…グチュグチュッ…」と卑猥な音が聞こえる。
  瑠依は、「はぁあぁっ!」と一際大きな声を上げ、快感に身悶えると、足を交差させ、身体の向きを入れ替えた。そして、俺の身体の上に覆いかぶさり、男根を握り締めた。
「はぁあぁっ!光ちゃん!…凄く良い!…光ちゃん!はぁあん!」
  欲情した瑠依が、肉棒にしゃぶりつく。
「ジュポッ!ガポッ!ガボッ!…」と、強烈にしゃぶられ、痛気持ち良い快感が走り抜ける。
  よだれとお〇んこ汁でベッチョリと濡れた口から、「はぁあぁっ……」と歓喜の声を漏らした。
  汗で濡れた身体が、ぬるんで擦れ合うのが、堪らなく気持ち良い。
  瑠依は、一際激しく「グポッ!ガポッ!ガポッ!」としゃぶると、口から肉棒を引き抜き、マットの脇に置かれたトレーに手を伸ばした。
  興奮しきる、彼女の鼻息が無性に荒い。
  トレーには、亜希が日光浴に使う、サンオイルやクリームが置かれていたが、彼女はその中から、ひとつのボトルを手に取った。
  彼女が身体を入れ替え、正面から俺に覆いかぶさった。



次のページへ続く


[ 2018/10/12 01:36 ]  第10章 アナルセックス | TB(-) | CM(0)

46 第10章 アナルセックス 4

  いよいよという時、俺はスキンを忘れた事に気が付いた。
「瑠依さん……スキン忘れちゃった……」
  気まずそうに打ち明ける俺の口を、彼女の唇が塞いだ。猛烈に濃厚なキスで、息が詰まる。
  濡れた乳房が胸に押し付き、やたらめったら気持ち良い。
  瑠依は、俺の頭を押さえ付けると、耳元で囁いた。
「それじゃあ、お尻に入れて……ねぇ、お尻でして…光ちゃん……」
  俺の頭は大爆発した。
(アナルファック!……)
  俺は生唾を飲み込み、眼を剥いた。AVでは何度も見た、アナルファック。興奮と好奇心が破裂する。
  瑠依は、完全に発情した眼で俺を見詰めると、首筋から耳元をベロンベロンと舐め上げた。
  痺れる様な、くすぐった気持ち良い快感が走り抜ける。
  そして、再び猛烈なディープキス。
  瑠依は唇を放すと、ニンマリと笑い、ボトルからこってりとした液体を、手の平に取り出した。そして、「クチャクチャ…」と音を立てながら、ギンギンに張り詰める肉棒に塗りたくった。
  それがローションだと、すぐに分かった。
 ヌルヌルとした感触で肉棒を手コキされ、とてつもない快感が押し寄せ、「あかっ!…」と声を上げてのけ反った。
  鼻息を無性に荒げ、瑠依が前のめりに身体を突っ伏し、両膝を立てて、脚を開いた。
  お尻を突き上げた、卑猥な格好で、「はぁあん、光ちゃん、入れて…お尻に入れて……」と、甘えた声で、瑠依が欲しがる。
  鼻から、半開きの口から、乱れた息を噴き出し、慌てふためいて身体を起こし、彼女のお尻に取り付いた。
(お尻!…お尻!…お尻の穴!)
  初めてのアナルファック。頭の中は、お尻でいっぱいだった。
  鼻息を「フンガ!フンガ!」させながら、お尻の穴にローションまみれの肉棒をあてがい、腰を突き出した。
  しかし、お〇んこの穴の様に、すんなりとは入れられず、尻の割れ目を滑る。
「いゃあん、光ちゃん、入れて…早く入れて……」
  いやらしく腰をくねらせる瑠依。
  俺は額から汗を垂らし、肉棒を強く握り締めると、亀頭をお尻の穴にあてがい、息を止めて突き立てた。
  お尻の穴がめり込み、ぬめる亀頭を「ズボン!」と飲み込んだ。
  瑠依が、「はぁうぅっ……」と小さく呻き、のけ反った。肛門が締まり、雁首の下を締め付ける。
「はぁっ!光ちゃんが入ってる!…お尻に入ってる!……」
  もう一度息を止め、ぐいっと腰を突き出すと、肉棒は、吸い込まれる様に、「ズニュズニュ~ッ」と肛門の中に入って行く。
「あぁっ!光ちゃん!…入れて!もっと入れて!……」
  お〇んことは違う挿入感。肛門がヒクヒクと収縮し、締め付ける。
  腰を少し引き、再び突き出すを繰り返すと、肉棒は瑠依のお尻の中へ、「ズブズブッ…ズボズボッ…」と潜り込んでいく。
「光ちゃん!奥まで…もっと奥まで入れて!」
  喘ぐ様な息遣いで、腰を突き出すと、肉棒は根元まで深々と突き刺さった。


次のページへ続く
[ 2018/10/19 06:58 ]  第10章 アナルセックス | TB(-) | CM(0)

47 第10章 アナルセックス 5

  瑠依も、荒い呼吸をしながら、悶える様に身体をくねらせる。肛門が、「キュッ……ギュギュッ……」と締まり、肉棒の根元を締め付ける。
「そのまま横になって……抜いちゃ嫌よ……」
  彼女に言われる通り、根元まで押し込んだまま、彼女の身体ごと横向きに横たわった。彼女の背中に身体が密着する。
  ローションにまみれた手で、彼女の乳房を揉みくちゃにする。ヌルンヌルンと滑る感触が、堪らなく気持ち良い。自然と腰が動き、肉棒が肛門を出入りする。
「あうぅっ!瑠依さん…気持ち良いよ……凄く気持ち良い……」
  声を上げ、瑠依がのけ反る。彼女は息を荒げながら甘える様に言う。
「はぁっ!あっ!…光ちゃん、すぐいっちゃダメよ……もっといっぱいして……あっ!あっ!いっぱいして!」
  瑠依の手が俺の手を掴んだ。その手を自らお〇んこに持っていく。
「光ちゃん、こっちも!…こっちも入れて!」
  手が、ローションでぬめるお〇んこに、グイグイと押し付けられる。
  彼女に言われるまま、人差し指と中指を重ね、お〇んこの穴に捩込む。
  指は、ズニュズニュと根元まで潜り込んだ。
「あぁっ!光ちゃん!…もっと!もっと入れて!」
  のけ反り、首を振って乱れる瑠依。俺は薬指を加え、三本の指を捩込み、親指でクリトリスを擦り回した。
「はぁっ!光ちゃん!…そこ!あぁっ!…もっと!はぁっ!もっともっと!」
  鼻息を「バフ!バフ!」と噴き出しながら、夢中でお〇んこの穴をほじくり、お尻に肉棒を突き立てる。
  興奮しきる瑠依が、「光ちゃん、何してるの?…ねぇ、何してるの?……」と言って、いやらしい事を言わそうとする。
  彼女の希望通り、ことさらいやらしく、「瑠依さんのお尻にオチンチン入れて、お〇んこの中に指を入れてるよ……」と、耳元で言った。
  瑠依が身体をくねらせ、乱れ捲る。
「はぁっ!光ちゃん!何てエッチなの!…はぁっ!あっ!エッチ!凄いエッチ!……」
  お尻の穴が、ヒクヒクと収縮し、肉棒を締め付ける。
  肛門とお〇んこ、ふたつの穴が、「グブボッ!…ブボボッ!…」「グヂュッ!…グチユグヂュッ!…」と、卑猥な音を掻き鳴らす。
「はぁっ!光ちゃん!…何本入れたの?…ねぇ、何本入ってる?……」
「三本入ってるよ…瑠依さんのお〇んこに、指が三本入ってるよ……」
「はぁっ!エッチ!…光ちゃんのスケベ!」
  津波の様に押し寄せる興奮と快感。俺は我慢出来ず、激しく腰を突き立て、肉棒で尻穴をがむしゃらにほじくり返した。
「はぁっ!あうぅっ!凄いの!…あっ!あっ!光ちゃん凄い!」
  のたうちまわる瑠依の身体。
「あっ!あっ!…もっと!…あうぅっ!あっ!…もっとよ!もっとして!」
  いよいよ腰の奥から、快感が突き上げてくる。
「あぁあぁぁっ!瑠依さん!もうダメ!…イキそうっ!」
  瑠依のお〇んこから、ビチャビチャとお〇んこ汁が溢れ出し、手首までビッチョリと濡れる。
「光ちゃん!もっと早く!…あぁっ!イキそう!もっと早く!もっと!」
  腕が攣りそうになりながら、グボグボ音をさせてお〇んこを夢中でほじくり、ひたすらクリトリスを擦り捲る。
  遂に歓喜の瞬間を迎えた。
「あうぅっ!瑠依さん!…いくいくいくいくっ!」
  肛門がギュギュッと力強く締まり、熱い快感が亀頭を突き抜け、お尻の中で精液を「ビュビュッ!ビュビュ~ッ!ビュビュ~ッ!」と発射した。
  最後の力を振り絞り、歯を食いしばりながら、お〇んことクリトリスを責め立てた。
「あぁあぁぁっ!あぁっ!いくいく!…光ちゃん!いくいくっ!」
  瑠依の身体が、「ビクン!ビクビクン!」と大きく震え、彼女も絶頂に達した。
  ふたりとも喘ぐ様な息遣いを繰り返し、汗だくになっていた。
  瑠依の身体が「ビクッ!……ビクン!……」と震える。荒い息をする度に、彼女の肛門が収縮し、突き刺さったままの肉棒を締め付け、精液の残り汁を搾り出す。
  ゆっくりと、彼女のお〇んこから指を引き抜き、お尻の穴から、まだ硬さの残る肉棒を、「ブジュッ…」と引き抜いた。
  瑠依が、「あうぅっ!」と声を漏らし、大きくのけ反った。
  初めてのアナル中出しの余韻に浸りながら、仰向けに横たわった。クタクタに疲れ、怠さと疲労感が汗の滴る身体を包む。
「どうだった?光ちゃん……気持ち良かった?……」
  瑠依が微笑みながら、俺の上に抱き着いてきた。
  俺は荒い呼吸のまま、にこやかに笑みを浮かべ、「凄く気持ち良かったよ、瑠依さん……物凄い気持ち良かった……」と言って、彼女を抱きしめた。
  身体を綺麗に流し、風呂から上がって、離れに戻った時には、お昼近くになっていた。


次のページへ続く
[ 2018/10/26 06:50 ]  第10章 アナルセックス | TB(-) | CM(0)
プロフィール

AngelPussy

Author:AngelPussy
 男が勃起する事を目指して官能小説を書いております。

訪問者数
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
Hey動画見放題プランで観ています
私ことこのサイトの管理人は、このHey動画月額見放題プランで、無修正動画を見放題しております。
管理人がお勧めする訳 
その1
作品本数は20,000本以上
 私が好きなのはAV女優系の若くて可愛い娘の作品。AV女優系は、無修正動画の王道を行く王者「カビリアンコム」に「一本道」、「HEYZO」と、これ以上望めない一流サイトの作品が見放題なのだから、言う事無し。  試し見してみたい人妻熟女や素人も、超一流サイトの本格作品が見放題で試し見出来るのも最高。期待しないで掘り出し物を見つけると、新鮮でやたらと興奮できるのが堪らない。
管理人がお勧めする訳 
その2
スマホ、タブレット対応 ストリーミング再生
 ストリーミング再生だから、すぐに観られてダウンロード要らず。パソコンは勿論、スマホでも、タブレットでも観れるから、トイレでもベッドでも車でも、いつでもどこでも24時間、好きな時間にどこでも無修正動画が見放題。
管理人がお勧めする訳 
その3
低価格で見放題
 価格は月々14.99$~。レートにもよるけれど、大体1600円~1700円くらい。VIP作品も全て観られるプレミアム会員でも月々19.99$は2100円ちょっと。この低価格で24時間、いつでもどこでも無修正動画が見放題だから大満足。
だから私は、このHey動画月額見放題プランで無修正動画を楽しんでおります。
サイト入り口はこちら
管理人によるサイトの詳細分析はこちら
スマホの方はこちら
10円動画
10円動画 素人
大人の玩具
アダルト写真集雑誌
美少女ノベル官能小説
アダルトPCゲーム
アダルトコミック
同人誌ダウンロード
アダルトブログランキング