FC2ブログ
読者が勃起する事を目指し、官能小説を書いております。
カテゴリー  [  第10章 アナルセックス ]

43 第10章 アナルセックス 1




第10章 アナルセックス




  亜希と車内ファックを満喫した日の翌々日。いつもと変わらず、姉妹とともに朝食のテーブルを囲んでいた。
  今日は木曜日。明日の祝日から、いよいよゴールデンウイークに入る。
  亜希と奈美は、時計とにらめっこしながら、大慌てで朝食を掻き込んでいる。
「亜希ちゃん、お塩取って!」
「もう!自分で取ってよ!」
  片手でパンをかじりながら、片手でコーヒーをすする。
  瑠依が、片付いた食器を運びながら、「早起きしないからでしょ……」と、たしなめる。
  慌ただしく、かつ騒がしい、いつもと変わらぬ光景だった。
  亜希と奈美が、可愛らしく手を振りながら、「行って来ま~す!」と言って、小走りに出て行った。
  俺も手を振りながら、二人の愛くるしさに、顔の筋肉はデレンデレンに緩んでいた。
  二人が登校して間もなく、瑠依がコーヒーのお代わりを持って、聞いてきた。
「光ちゃんはいつも通り?」
「いいえ…1限目と午後は休講なんですよ……」
  俺は、そう答えて、コーヒーをすすった。
「明日から連休でしょう……大学なんてそんなものよ……」
  大学生として先輩の瑠依に言われ、俺は小さく頷いた。
「瑠依さんは?」
「私は今日休んじゃうわ……出席取らない、選択科目の講義だけだから……」
  彼女がそう言って微笑んだ。
  その時、携帯にメールの着信を知らせる着メロが流れた。
  スマホを取出し、メールを確認すると、思わず「あっ……」と口走った。
  大学の学生センターからの一斉配信だった。
「大学からです」
「休講のお知らせじゃないの?」
  彼女の言う通り、出席予定だった講義が、休講する通知のメールだった。
  俺は、苦笑いを浮かべ、「今日は休みになっちゃいました」と言って、ため息をついた。
  瑠依は笑って、「教授も連休だから、やる気ないのよ……」と言って、コーヒーをすすった。
「どうすんの?光ちゃん、何か予定ある?」
  瑠依に聞かれたが、殊更何もやる事も、用事も無かった。
「いいえ……何の予定も無いです……暇になっちゃいました……」
  俺が、またため息を吐き出すと、瑠依がニッコリと笑って、「それじゃあ、光ちゃん……お風呂入って……」と言った。
  彼女にそう言われたが、いくら休みになったとは言え、まだ午前中の早い時間に、のんびり露天風呂に浸かる気にはなれず、「僕は、夕方で良いです」と答えた。
  しかし、瑠依は、首を横に振ると、俺の目を見詰め、グッと顔を近づけて、「光ちゃん、お風呂に入って……」と、半ば強制する様に言った。
  心臓が激しく高鳴った。
(ええっ!こんな早い時間からお誘い?……ええっ!まじ?……)
  思わず生唾を飲み込んだ。一気に興奮が爆発する。
(明るい露天風呂…彼女の身体が丸見え…美しいオッパイ…揉んで、舐めて、吸って、揉んで……)
  額に汗が滲んだ。鼻息は荒くなり、心臓はバクバクとヘビィメタルのリズムを刻む。
  無言で固唾を飲み込む俺に、彼女が念を押す様に、「お風呂に入るのよ、光ちゃん」と言って、口元をニヤつかせた。
  鼻息を凄まじい勢いで噴き出しながら、「はいっ」と返事をして、素直に従う。
  彼女は、満足そうに微笑むと、「すぐに行くから…光ちゃん、先に行ってて……」と言ってウィンクひとつすると、朝食の食器を片付け始めた。
  ドキドキの止まらない俺は、今一度生唾を飲み込んだ。
  そんな俺が椅子から立ち上がる前に、やんちゃ坊主が元気に立ち上がっていた。
  その日は、朝から鈍よりとした曇り空だった。陽射しは無くとも、午前中の露天風呂は明るい。
  期待と興奮で、やんちゃ坊主がいきり立ち、パンツを脱ぐ時引っ掛かって転びそうになった。
  ドキドキ、ワクワクしながら、露天風呂に浸かり、瑠依が来るのを待ち侘びる。
  股間のやんちゃ坊主は、ギンギンに直立している。彼女が来るなり、この状態では、如何にも欲しがる気満々丸出しで恥ずかしい。
  深呼吸をして、山手線の駅名を口ずさみ、何とか気を紛らわそうと試みた。
  努力の甲斐も有り、やんちゃ坊主がこうべを垂れ始めた。
  予想以上に、彼女はなかなか現れない。つい気を緩めた途端、瑠依の揺れる乳房と、美しいお尻が脳裏に蘇り、鼻息とともに、やんちゃ坊主は再び硬く立ち上がった。
  思わず生唾を飲み込む。陽射しは無くとも、午前中の野外は十分過ぎる程明るい。この場に彼女が全裸で現れたなら、美しい身体の隅々まで、ハッキリと拝める事になる。興奮するなと言う方が無理かも知れない。
  浴場の扉が開く音が聞こえた。ドキッと心臓が高鳴り、緊張が高まる。
  バスタオルで身体を隠し、瑠依が微笑みながら現れた。
「ごめんね、光ちゃん待たせちゃって」
  俺は返事する代わりに、またひとつ生唾を飲み込んだ。
  彼女は、湯舟に浸かる俺の側まで近寄ると、ハラリとバスタオルを外した。

 



次のページへ続く

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2018/09/28 07:16 ]  第10章 アナルセックス | TB(-) | CM(0)
プロフィール

AngelPussy

Author:AngelPussy
 男が勃起する事を目指して官能小説を書いております。

訪問者数
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
見放題プラン
私ことこのサイトの管理人は、このHey動画月額見放題プランで、無修正動画を見放題しております。
管理人がお勧めする訳 その1
作品本数は20,000本以上
 私が好きなのはAV女優系の若くて可愛い娘の作品。AV女優系は、無修正動画の王道を行く王者「カビリアンコム」に「一本道」、「HEYZO」と、これ以上望めない一流サイトの作品が見放題なのだから、言う事無し。  試し見してみたい人妻熟女や素人も、超一流サイトの本格作品が見放題で試し見出来るのも最高。期待しないで掘り出し物を見つけると、新鮮でやたらと興奮できるのが堪らない。
管理人がお勧めする訳 その2
スマホ、タブレット対応 ストリーミング再生
 ストリーミング再生だから、すぐに観られてダウンロード要らず。パソコンは勿論、スマホでも、タブレットでも観れるから、トイレでもベッドでも車でも、いつでもどこでも24時間、好きな時間にどこでも無修正動画が見放題。
管理人がお勧めする訳 その3
低価格で見放題
 価格は月々14.99$~。レートにもよるけれど、大体1600円~1700円くらい。VIP作品も全て観られるプレミアム会員でも月々19.99$は2100円ちょっと。この低価格で24時間、いつでもどこでも無修正動画が見放題だから大満足。
だから私は、このHey動画月額見放題プランで無修正動画を楽しんでおります。
サイト入り口はこちら
管理人の詳細分析はこちら
スマホの方はこちら
新作見放題プラン
新作を見放題 したいならこちら
人気の12サイト新作が ストリーミングで とことん見放題
アダルトランキング
 
カビリアンコムガール
 
シークレットラブ
キャッチミートーク
DxLive
アダルトブログランキング